早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
やっぱりやってよかったな、と思っている。

月に1回雄弁会が開催されることが分かったら、今回都合で参加できなかった人も次回には参加してみようかな、ということになりそうな気がしている。

いいことや役に立つことは続くはずだ、というのが私の考えだから、まずは続けてみようと思っている。
1年続けば大したものである。
大体は三日坊主で終わるのが通例だから、とりあえずは3回は続けたい。

参加希望者が多過ぎると一人当たりの持ち時間がぐっと少なくなってしまうから、やはり10人前後が丁度よさそうである。

懇親会の参加者が11人。
これも丁度いい。
市川市の市長選挙に立候補した高橋良平さんや北区議会議員の吉岡けいたさんが参加され、特別チューターとして豊島区議会議員の星京子さんも応援に駆けつけてくれたのだから、今日の勉強会はまず大成功というところだろう。

次回は、2月9日(金)の午後7時から開催することになっている。
懇親会の終了時刻は午後11時頃だから、たっぷり4時間ぐらい交流できる。

今日は参加してよかった、と思われた人が一人でもおられれば幸いである。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(2)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります