早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
丁度いいくらいの人数になりそうだ、という連絡を世話人の方からいただいた。

10人の人が一人10分話しても、単純に計算して1時間40分掛かる。
まあ、初回は顔見せのようなものだから、さらっとやって、本格的に始めるのは、5人程度で次回から、ということになりそうである。

丁寧にやろうとすると、段々に個人レッスンに近くなる。

まあ、本当に技を磨く、人を育てる、ということになったら、少人数にならざるを得ない。

一方的に講師の話を聞くだけのことだったら大講堂や大会議室を借り切って何時間か缶詰状態にしてしまえばいいのだろうが、身体で覚えた方がいいことは、一方方向の講義ではやはり身に付かない。
昨年の希望の塾では欲求不満に陥ってしまった人たちが相当数おられたようだが、そういう方々の欲求不満を少しでも解消しようとするのが、今日の早川学校・雄弁会である。

現職の区議会議員の方や市長選挙に立候補されている方、市議会議員選挙に挑戦して敗れた方、あちこちの候補者の陣営に入ってスタッフとして選挙を経験された方、これから地方議会議員の選挙に立候補されようと準備されている方などが集まられるようである。

懇親会を開催することになっているので、かなり盛り上がりそうである。
まあ、経験交流会の様相を呈することは必至だが、同時に選挙法務の勉強会なり法律相談会になる可能性もある。

とにかく、色々な社会経験を持っておられる方が仲間を求めて一堂に会する、ということには大変な意味がある。

期待されていいはずである。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります