日本が自衛の為に核武装を宣言しなければならない日が、来るのかどうか | 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
私たちは、実に愚かな存在である。

戦争を放棄し、戦力の不保持をも宣言しているが、北朝鮮から核で攻撃すると脅かされれば、相手からの核攻撃を防止するために自分たちも核武装しなければならない、という気になってしまう。
核戦争がどんなに悲惨な結果を齎すか重々承知しているはずだが、それでも核抑止力として自分たちも核を持たなければならないという強迫観念の虜になってしまう。
私もその例外ではない。

実に愚かなことである。
しかし、北朝鮮をどうしても説得できないということになると、北朝鮮の暴走を食い止めるために必要な力を持ちたくなるのは自然である。

一歩一歩「その日」が近づいているような気がしてならない。

日本が核武装したら、正解中の国々が自衛の為の核武装に走り出しそうである。
そうなったら、アメリカも中国もロシアも核をコントロールできなくなる。
世界の秩序が、こうやって徐々に崩壊していくことになる。

アメリカも中国もロシアも、そういう事態になることは望んでいないはずだ。
万一、日本が核武装することになったら、日本の核武装の引き金は北朝鮮が引いたことになる。

アメリカや中国、ロシアは、何としてもこの段階で北朝鮮の暴走を止めなければならない。
アメリカや中国、リシアが北朝鮮に対して有効な手段を取らなければ、日本はやがて自衛のために核武装を選択せざるを得なくなる。

戦争放棄、戦力不保持、国際平和主義の現在の憲法秩序の維持を第一にしている私でも、北朝鮮から核攻撃の可能性を示唆されたら、自衛のための核武装も考えなければいけないのかなあ、と思うぐらいだから、どこで国民世論が沸騰するかも分からない。

今朝、北朝鮮がまたICBMを発射したようだ。
国連の現在の経済制裁が無力であることが、段々明らかになってきた。

とてつもなく、リスクが大きくなっている。

愚かなことは、よく分かっている。
しかし、恐怖に駆られると、人はしばしば愚かな選択をしてしまうものである。

早川忠孝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります