早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
時の人である山尾志桜里さんについては、上げても下げても物議を醸すだろうから、コメントの仕方が難しいのだが、山尾さんが野党としての憲法論議の在り方について重要な一石を投じたようなのでサラッと言及しておく。

如何にも法律家らしい落ち着いた議論を展開しておられる。
様々な憲法改正論議があり得るが、立憲主義の観点からの憲法改正議論を進めようと主張されているところがいい。

立憲民主党と同一の会派に所属されるようだが、立憲民主党に入党するわけではなさそうなので、立憲民主党自体がこれから憲法改正問題にどのような態度で臨まれるのかよく分からないが、立憲民主党がその名の通り、山尾さんの提唱するような立憲主義に基づいた憲法改正論議の必要性を主張するようになると、憲法改正論議がグッと中身のある積極的かつ有意義なものに進化していく可能性がある。

憲法の条文は一字一句も変えてはならない、というゴリゴリの護憲派とは明らかに異なったスタンスを取っているようなところがいい。
これなら従来の護憲、改憲の不毛な神学論争を繰り返さないで済むようになるかも知れない。

結構いいセンスをしておられるじゃないか、というのが私の率直な感想である。

憲法裁判所の創設の必要性や、解散権行使の制約条件の明文化などに言及しておられるのもいい。

まずは立憲主義の観点から現行憲法の問題点を洗い浚い検討してみよう、という積極的な姿勢が何よりもいい。

自民党の中にも、この程度の議論だったら付き合ってもいい、と思う人もそれなりにいるはずである。
維新にも、希望の党にもいるはずだ。

うん、この認識だったら、これからの憲法改正論議をリードできる主要メンバーの一人には入れるな、と思った次第。

甘いかな。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります