早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
今回のトランプ大統領の訪日を私たちは、どう評価したらいいのだろうか。

日本政府としてアメリカの大統領に対して最大限のもてなしをしたのはいいが、トランプ大統領が傍若無人に過ぎて、如何にも日本がアメリカの属国扱いされたのではないか、という印象が拭えない。

アメリカという国に対しては同盟国として信頼し敬意も表したくなるが、時のアメリカ大統領トランプ氏に対してはどうしても距離を置きたくなる。
アメリカの大統領としては粗野過ぎるし、思わず耳を塞ぎ、目をそむけたくなることもある。

これほど直截に物を言う大統領は珍しいと言えば珍しいのだが、日本政府に向かって、もっとどんどんアメリカの武器を買え、アメリカの雇用を増やすために協力しろ、などとよく言うものだと逆に感心する。

アメリカの軍需産業のために何故日本が協力しなければならないのか、日本という国に対する敬意を欠いた酷い物言いをする、本当のアメリカ・ファーストの経済人なんだなあ、と思わざるを得ない。

日本の総理大臣というポストに座っている安倍総理もこういう人のご機嫌を損ねないように愛嬌を振りまかなければならないのだから、よくよく考えれば実にご苦労なことである。

日本としてトランプ大統領に対して真正面から盾突くことなどとても出来ない相談だが、どこかでノーと言いたくなるのが人情ではないかしら。

何故、トランプ大統領は、今回直接横田基地に乗り付けたのか。
何故、トランプ大統領ら一行は、横田基地から川越のゴルフ場に直行したのか。

とにかく、今回のトランプ大統領の訪日は過去のアメリカ大統領の訪日とは様相が異なっている。

横田基地は日本の国土にして日本の国土に非ず、ということを端的に表しているようで、今回のトランプ大統領の訪日は私にとって決して気持ちがいいものではなかった。

小野寺防衛大臣は、そのあたりのことも十分踏まえられてほどほどの対応をされていたようだが、さて、一般の国民はどういう印象を持たれただろうか。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(2)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります