早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
大義のなさそうな人には、投票するつもりはない。

もう一度私にチャンスを下さい、と切々と訴えているそうだが、どうせその場限りのパフォーマンスだろうと思うから、絶対に投票しない。
✖を付ける投票があったら、何を置いても真っ先に✖を付けるために投票所に足を運ぶ。

この度の解散・総選挙で唯一よかったと思っているのは、明らかに国民の代表者としてふさわしくないと思われていた人の議員バッジを外させたことである。
私の選挙区で一人、大阪の選挙区で一人。

他にもいるのだろうが、とにかくよく目立つ人たちだから目障りでしょうがなかった。

一般の有権者の方々の審判を受けたいとしてこの度の選挙に名乗りを上げてきたが、さて、どんな審判が下るか。

表の顔と裏の顔がこんなにも違う人がいた、というのは驚きである。

国政の場でこの人が役に立つ場面は二度と来ないだろう。
ご本人には、そういう当たり前のことも分からないのだろうか。

自己愛はしばしば人の目を眩ます、と言うが、この人の場合は、他人の何倍も自己愛が強いようである。
やれやれ、というところか。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります