早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
グズグズと出渋っている人を動かす一つの方法が、どやしつける、とか、尻を蹴っ飛ばす、というところか。

さしずめ、小池さんの「排除します」が、枝野氏を動かす大きな原動力になったのだと思う。

それでは、小泉進次郎氏の「感謝します」はどうだろうか。
小泉進次郎氏はえらく小池さんに感謝しているようだが、感謝される小池さんにとっては実にやり難い相手である。
明らかに皮肉の意味を籠めて「感謝します」と言っているのだが、感謝すると言っている相手を遣り込めるのはさすがの小池さんもやり難いだろう。

小泉進次郎氏も応援演説の名手である。
聴衆の皆さんは、これを聞いてドッと来るはずである。

なかなか上手な「褒め殺し」である。
小池さんにとって強敵であることは、間違いない。

さて、小泉進次郎氏の「褒め殺し戦術」をどうやって無効化するか。

まあ、それが「褒め殺し」だ、ということをご本人に認識させるのが一番手っ取り早いだろう。
「褒め殺し」だ、と本当のこと指摘されれば、演説の上手な人は二度と同じような物言いはしなくなるものである。

ご参考までに。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります