早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
今度こそは何とかなるだろうと思っていたが、妙に枝野氏が元気になってしまってちょっとガッカリしている。

小池さんが「排除する」などと言ってしまったので、逆にこれが枝野氏へのカンフル注射になってあっという間に立憲民主党なる新党の設立に繋がってしまった。
希望の党に入れなかった民進党の前議員の選択肢は無所属での立候補しかなかったはずなのに、結果的に小池さんの一言がもう一つの強力な選択肢を導き出してしまった。

新党を作るべし、作るなら今でしょう、などと再三呼び掛けていたのだが、どうも余計なことを助言してしまったようだ。

今度こそは自民党の牧原秀樹氏が小選挙区で勝ち抜く絶好の機会だと思っていたのだが、立憲民主党という新党が出来上がってしまうと、枝野氏がどんどんテレビの画面に登場するようになり、かねてから私が応援していた牧原氏の影が薄くなってしまう。

政治の世界が活性化し、安倍一強政治に対する牽制力が増していくのは決して悪いことではないのだが、私がなお一層の活躍を期待している牧原氏がこの選挙戦で苦戦するようなことになったのではやや本末転倒である。

まあ、枝野氏も牧原氏も二人とも当選できればいいのだが、さて、どういうことになるのだろうか。

せめてワンサイドの選挙結果になりませんように、と祈っているところである。
二人とも、出来る弁護士の一人である。

私としては、どちらも失いたくない。

それにしても、枝野氏も立憲民主党の皆さんも水を得た魚のように元気である。
どこか輝いているようにも見える。

小池さんから排除されたので、枝野氏は反って大きなチャンスを獲得したようである。
少なくとも首班指名選挙の候補者になることは出来そうである。

瓢箪から駒、というところだろうか。

小池さんは、案外いいことをやったのかも知れない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります