早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
枝野さんたちの新党・立憲民主党について、一見民主党じゃないか、と仰る方がおられたが、私から見れば立憲民主党は、旧維新の党やみんなの党から分かれて民主党に潜り込んだ異分子や明確な改憲派を排除した旧民主党の精鋭の集まりで、民主党そのものじゃないか、ということになる。

まあ、名前は変わっても所属する人たちの顔触れは殆ど変わらないのだから、ズバリ民主党でよかったのではないかと思っている。

異質な人たちを排除しているから、妙な妥協がなくていい。
候補者の数が少ないから希望の党を上回るようなことはないだろうが、そこそこに健闘しそうな雰囲気を感じている。

私のところに駆け込んできた若い人が立憲民主党の公認候補として立候補することになった。
なかなか魅力的な若者で、こういう人が政治の世界にいるのも大事だろうなと思っていたので、実はホッとしている。

当選できるかどうかは分からないが、とにかく国政選挙への挑戦権を獲得出来たのは素晴らしいことである。
学歴で人を見るのではなく、本人の活動実績や識見、行動力、人間性で選んでもらいたいものである。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります