早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
離党届を出した議員に対して離党届を受理せず除名処分にすることで組織としての沽券を示そうとする人たちがいるが、村田蓮舫さんが民進党代表としての最後の仕事として細野氏の離党届をすんなり受理されたことはよかったと思う。

とかく肩肘を張りやすい人は、こういう時に、反党行為だ、除名だ、などと騒ぎ立てるものだが、意外にあっさり民進党の皆さんは細野氏の離党を受け容れられたようだ。

政治家の離合集散は付き物なので、所属政党に見切りをつけた人が離党に踏み切ろうと決意した人を無理に引き留めようとしたり、その逆に離党を認めないで除名だ、などと晒し者にしようとするのは、普通は愚の骨頂だと言わざるを得ない。

懐の広い人たちは、大体は、来る者は拒まず、去る者は追わず、というところだろう。
民進党執行部は若干迷走したところがあったが、最後の最後では細野氏を除名(除籍)処分にしなかったことはよかった。

ちなみに、自民党もようやく件の問題議員の離党届を昨日受理したようだが、何故今まで中途半端な状態で保留していたのか、こちらの方は少々合点がいかない。

まあ、余計なお世話だろうが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります