もりとかけで、安倍内閣は瓦解寸前のように見えるのだが、 | 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
これでも逃げ切れるのだとしたら、わが国ではもはや、正義は勝つ、などと勇ましいことは一切言えないことになる。

一応皆さん、忖度などという優しい言葉を使っておられるが、安倍総理は結構自分の希望なり意思を対外的に表明していることは、知る人ぞ知るところである。
最高権力者の希望なり意思を尊重して動くのが役所の常識だから、森友学園の問題も加計学園の問題も安倍総理の希望なり意思に沿って事務手続きが進められていたことは間違いない。
具体的にそういう事実を証明するような証拠が手元にあるのか、という問題はあるだろうが、法律に違反したり、明らかに不適切で公私混同の疑いがあることでない限り、役所の方々は総理の希望なり意思に沿うべく全力を尽くすものである。

ああ、安倍内閣はもりとかけでずいぶん危ないことになったなあ。

私の率直な感想である。

出直せるのなら、早く出直した方がいい。
ご破算で願いましては〜、というところか。

早川忠孝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります