北朝鮮の暴発を如何にして食い止めるか | 早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

もう誰の説得も聞かない、というひどい状態になっているのだと思う。

核実験は強行するは、長距離弾道ミサイルの発射事件は繰り返すは、潜水艦からのミサイル発射実験はするはで、もう北朝鮮は制御不能の状態に来ていると見做さざるを得ない。
自分の意に添わない人間は、たとえどんな高官でも容赦なく公開処刑の対象としてしまうのだから、北朝鮮を大変な恐怖政治が支配していることは明らかだ。

北朝鮮を増長させ過ぎたツケが回ってきたな、と思わざるを得ないが、一番被害を受けそうな韓国や日本にはどう考えてもいい対抗手段がない。

アメリカが圧倒的に強ければ、日本はアメリカを恃めばよかったのだが、その肝腎のアメリカが軍事的にも経済的にも相対的に弱くなっているから、日本としてはどうしても他の道を探さざるを得ない。

やはり、アメリカだけではなく、中国やロシアの力も借りなければとても日本の安全保障を確保することは出来ない。
様々な抵抗はあるだろうが、日本としては、北朝鮮の暴発を防ぐためにはロシアとの友好関係を強化する方向に動かざるを得ない。

北朝鮮の傍若無人ぶりは、留まるところがない。
安倍さんは北朝鮮に対してそれなりのメッセージを発信していると思うが、多分蛙の面にションベンぐらいにしか相手には響かない。

実に悩ましい状況である。
アメリカと中国、ロシアの3国が共同して対処できるかどうか、に係っていると思う。

残念ながら、日本には策がない。

あるのだったら、さっさと実行して欲しいところである。