gusuto de piro|松浦このみ Official Blog

gusuto de piro|松浦このみ Official Blog

朗読と音楽で空間をつくる「gusuto de piro~グスト・デ・ピーロ」主宰、「松浦このみ」のOFFICIAL BLOGです。

gusuto de piro
温かな一日でした。
庭の梅が満開です。
少し切って部屋に持ってきました。


花器は、節目の誕生日だからと、
姪二人がプレゼントしてくれました。
それぞれから手紙も届いていました。
ありがたくて、3回ずつ読みました(笑)
少し胸が熱くなりました。

小学校5年生のときだと思いますが、
友達が誕生日の御祝いに来てくれて、
一緒にとった写真が残っています。
私たちの笑顔の後ろに、
満開の梅の花が。

梅の花というと、
いまでもこの時の梅が
焼き付いています。

今の家の梅は、毎年1月下旬に
咲き始めるせっかちさん、ですが、
今年に限って、2月に入ってから開花、
あの頃の写真のように、
誕生日に満開になりました。

朝、ジョギングしながら
神社とお寺にお参りし、
ここまで生きてこられたことに
感謝してきました。

家の近くの神社によると、
わたしの生まれた年は、男女ともに
「本厄」と赤い文字で書かれてあります。

調べると、男性のみ本厄という説も。

どっち?

少し病気続きだったこともあり、
厄年じゃないかもしれないけれど、
先日、生まれて初めて(多分)
神社で厄払いをしてもらいました。

心身ともに浄められ、
良いものでした。

毎日を大切に過ごそうと思います。

うまくいくかな、
どっちが正解かな、
などと考えて慎重になりがちな性分
なのですが、
思わずやってしまったことから、
縁が繋がってきたことが多いようにも
思います。
だから思わず、やってしまおうと
思います。

本や雑誌の見出しでは、
60過ぎたら、物も人間関係も、
いらないものは捨てよう、
という文字をよく見かけます。

少し前まで、そうだそうだ、
と思いながら見ていました。

でも、ふっと、いらないものって、
なんだろうと考えてしまいます。

このように考えた時点で、
私は軽やかに人生を歩めない人、
なのだろうとバレてしまいますね(笑)

きっとこれからも、
いろんなものとともに、
重いものも、ありがたいものも
一緒に歩むと思います。

どうぞよろしくお願いします。







今年は無理だなと
決めてかかっていました。

朗読教室の新年会のことです。

zoom新年会をやりましょう!
と、メンバーのKさんが声をあげて
くれました。

プログラムの内容決めも、進行も、
全部やりますから、と。

MさんとIさんも手伝ってくださり、
昨夜、30人が参加して開催されました。



「今、○○にはまっている△△です」
という自己紹介コーナーから始まり、

Q&Aコーナー
あらかじめ用意された30個の質問が、
番号付けされていて、
一人が番号を選び、
応える人も番号で指名する。
質問内容も、
誰が何番なのかも、
幹事さんしか知らない。

宝くじで1億円が当たったら、
何に使いますか?

もし入れ替わるとしたら、
誰と入れ替わりたいですか?

などなど、質問が読み上げられてから、
答える人の番号が指名される。

自分に来たら、なんて答えよう、
どうしよう、ドキドキしちゃう。

1億?老人ホームに入る資金にする、、
いやいや、つまらん答えだ。
なんて現実的なんだ、
もっと夢のあることを答えないと、
ドキドキ。

指名は若い女性メンバーに当たった。
ほっ。

彼女は別荘を買って、
みんなを招待してくれるそうだ。
やった!来年は軽井沢で新年会だ。
などと、心の中で勝手に
場所まで決めている私。

誰と入れ替わりたい?
えっとえっと、、
どんな人の人生も大変そうだもんなあ。

そんな後ろ向きの答え、
つまらないでしょ。
こういうときは、面白いことが大事なの!
もう一人の私が不甲斐ない私に
突っ込みを入れている。

当たった女性の答えは、
石原さとみさん!
だった。

ちなみに答えたのは、
特に若いわけではない女性だ(笑)
実業家と結婚したことが
うらやましいらしい。

うん、たしかに。

その後も10問ほどが続いたが、
無事指名に当たらず、すり抜ける。
ふー。
ほっとして若干胃の痛みを感じる。

その後、全員で絵本を一冊、
朗読した。

ここだけは、幹事さんの依頼で、
私が作品を選び、何処を誰が読むか、
決めさせてもらった。
リレー形式に一行ずつ渡していく。

前の人から受け取って、渡す。
全員でひとつのストーリーを
つないでいこう!
その意図を、十分すぎるほど理解してくれ、
メンバーたちが繋いだ朗読は、
ちょっと涙が出そうだった。


ルリユールは、本の修理をする人。
でももうひとつ意味がある。
もう一度つながる。

来年は、会えるといいね。



毎年そうなのですが。

年末に大掃除をして、
あっちもこっちも切りがなく、
クタクタになるまでやってしまう。

その余韻が残っているのか、
1月は掃除グセがまだ続く。

今年こそ年末に苦労しないように、
なんてことは無理だと知っているので、
そんなことは目指していないのだが。

身体が勝手に掃除したがる。

朝起きると必ず
お風呂場とお手洗い&洗面所を。
時に玄関も。

雑巾がけをしている。

2週間続けてみてかんじたこと。
自分の中で、ちょっと
お清めの儀式みたいに
なっているなと。

悪くない。
とてもいい。

問題は、
朝にやりたいことが
他にもたくさんある、ということ。

日記を書く、走る
走ったらお風呂に入る。

これ全部じっくり気持ちよくやりたい、
と思うと、4時くらいに起きないと(笑)

もうひとつ実感していること。
雑巾を絞る握力が、
とても弱っている、ということ、、

椿のつぼみです。