みんなに「仕事の価値」を伝えよう | あべの店長応援ブログ

あべの店長応援ブログ

お店の運営や部下の育成などのお悩み解決を目的とした、飲食店のエリアマネージャーだからこそ書ける記事を沢山の方にお届けしたいと思います。個別ご相談などございましたらお気軽にコメント下さい。

飲食店で働いているスタッフの中で、自分の仕事に誇りを持っている人は一体どれだけいるのだろうか。

自分たちの仕事にはどんな価値があるのかを理解して働けるかで、お店の営業状態に大きく影響が出てくると思っています。



飲食店の仕事は、食材を調理して「料理」を作り、居心地の良い空間の中でお食事をしていただく事です。



食材は、酪農家の方が育ててくれた物、食品会社が加工してくれた物があり

それがお店に届いて、私たちが最終的に料理の状態にしてお客様に届けます。



空間は、デザイナーの方が考えてくれたデザイン、建築業の方が建ててくれたお店があり

その中に私たちがお客様を招き入れて、その空間をお客様に楽しんでいただきます。



つまりは、色々な方が関わって作り上げて来てくれた物を最終的にお客様に届ける、本当に大事な役割を担っているんですね。

ちょっと大げさに思うかもしれませんが、それが事実です。



私たちの仕事ぶり次第では、関わった方たちの努力を活かす事も消してしまう事もできます。

だからこそ良い仕事をして、お客様に喜んでいただける営業を精一杯するべき。


お客様の喜んでいる姿が見られるのは私たちだけの特権です。


こんな特別な仕事をさせていただいているのだから、1日たりとも手を抜きたくないですね。



こういう事が理解されていると、自ずと料理にもサービスにも気持ちが入り、それだけでお店の営業状態が良くなります。



毎日、何十人、何百人と沢山のお客様がご来店されますから

今日も精一杯、手を抜かずに良い営業を心がけましょう。

そして、みんなに自分の言葉で「仕事の価値」を語りかけましょう。