飲食店は本当に人手不足なのか。 | あべの店長応援ブログ

あべの店長応援ブログ

お店の運営や部下の育成などのお悩み解決を目的とした、飲食店のエリアマネージャーだからこそ書ける記事を沢山の方にお届けしたいと思います。個別ご相談などございましたらお気軽にコメント下さい。

ネットの情報を見ていると、飲食店は人手不足と書かれている記事を見たりしますが

果たして飲食店は人手不足なのだろうか…

ぶっちゃけ私はそう思わないですね。





店長を初めて経験した約10年前と今で、募集をかけて集まって来る人の数はほとんど変わっていません。

現実、うちの直営店もこの5年くらいの間で募集費は3分の1まで減らしましたが、逆に社員とアルバイトの数は増えています。



人を集めるためにはそれだけ沢山お金を使わないといけない!

と思っている限りは人を集めるアイデアが生まれてきません。

求人の情報も溢れている今の時代に、どういう方法が有効なのか。

1度、今までのやり方を忘れて新しい方法を考え出す必要がありますね。



とても有効に人を集めている印象があるのは、オーナーがバリバリ現場に出て回しているお店ですね。

なぜオーナーが現場に出ているお店は人不足じゃないのか。

それは、オーナーにとっては人を集める事が死活問題で、そこに本気だからどんどん新しいアイデアが出てくるってだけ。

とっても単純。



広告を使って募集をしたって人が集まらない時代。

お店にはお客様が来るのに、働く人がいないから売上が立たない。

そうするとオーナーの生活に支障が出てきます。

そりゃあ必死になりますよね。笑

本気になったらアイデア出しまくって実行するのみ!



・従業員に誰か知り合いを紹介してくれないかとお願いする。

・お店の常連様に相談して手伝ってくれる人がいないか聞いてみる。

・周辺のお店とコミュニティを作ってダブルワーク人材を紹介してもらう。

・他業種のお店を利用して人をスカウトしてくる。

・SNSで学生や主婦が集まるコミュニティに参加して関係をつくる。

などなど

本気になればアイデアもどんどん出てくるし、行動力もアップします。



今、人手不足で困っている飲食店は本気度が足らなかっただけ。

人が集まらない時代だから…と環境のせいにしていても状況は変わりませんから

何とかして絶対に人を集めてやろうって気持ち。

これが飲食店の人手不足の突破口ですね。