受身型、提案型、共感型へと変化 | F.S.MORICA 安部のブログ【飲食店・学生支援】

F.S.MORICA 安部のブログ【飲食店・学生支援】

お店の運営や部下の育成などのお悩み解決を目的とした、飲食店のエリアマネージャーだからこそ書ける記事を沢山の方にお届けしたいと思います。個別ご相談などございましたらお気軽にコメント下さい。


テーマ:
飲食店のサービスも徐々に進化して来ておりお客様から求められるサービスも

受身型から提案型へ、提案型から共感型へと変化しております。



受身型とは

ご来店されたら案内する、注文を受ける、お帰りの際にお会計をする

というような当たり前のサービスです。



提案型とは

こちらから「この商品がおすすめです」「こちらが季節限定商品です」など

お客様に対してこちらが決めた物を提案するサービスです。



共感型とは

寒い中ご来店されて温かい物を求められているのではないかとお客様の気持ちを察して

「今日は寒いのでこのような鍋のお料理もありますよ」と提案をする。

上司と部下の関係のようなサラリーマン風のお客様には

自然と上司が上座に座るように案内をする。

など、お客様の気持ちに共感をして行うサービスです。



サービス業全体のレベルが上がっている中で勝ち残るためには

より高い領域のサービスを追求して行く他ありませんから

そういう気持ちで日々共感型のサービスができるよう心がけていきたいですね。

安部 僚さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント