お店の身だしなみを整える | F.S.MORICA 安部のブログ【飲食店・学生支援】

F.S.MORICA 安部のブログ【飲食店・学生支援】

お店の運営や部下の育成などのお悩み解決を目的とした、飲食店のエリアマネージャーだからこそ書ける記事を沢山の方にお届けしたいと思います。個別ご相談などございましたらお気軽にコメント下さい。


テーマ:
立派な営業マンの方は総じて必ず身だしなみが整っていますね。

経営者の方や会社の役員の方など、立派な方であればあるほど身だしなみをしっかりと整えられています。



つまりは、仕事が出来る人ほど必ず身だしなみを大切にされていると言う事が間違いないと思います。




僕も営業を受ける時には相手の身だしなみをよく見ます。



身だしなみがだらし無い人は仕事もだらし無い

身だしなみが整っている人は仕事も丁寧

(中にはあえてラフに装っている方もみえますが、それはある意味で身だしなみを大切にされていますので重要度を理解しているのだと思います)



身だしなみだけで仕事のお付き合いをするかしないかは大きく左右されます。







僕のブログなので、ここで飲食店と繋げて考えてみます。







飲食店で言う身だしなみとは

お店の外観、内観、スタッフの身なりの事を指しています。

お客様は飲食店の身だしなみを見て

「ここのお店は良さそうだ」

とお店の良し悪しの判断をします。



当然、お店が綺麗か汚いかは見ます。

なので余程の店長はお店の清掃が大事な事を知っています。



店長によって差が出るのは

レジ周りの整理整頓や、カスターセットの周り、トイレのアメニティなどなど

お客様はそう言う所まで含めてお店を評価しています。




お店の「入り口」は人で言う「顔」です。

顔が汚れていたらモテません。



お店の「ファサード」は人で言う「ファッション」です。

センスが無いとモテません。



お店の「店内」は人で言う「性格」でしょうか。

喋ってみて(入ってみて)性格が悪ければモテません。



性格もとっても重要で

細かい配慮が出来る、作法がしっかりしているジェントルマンはモテモテですね。



お店でもそうです。

お店の隅々から、スタッフの身なりまで細かく気を配られているとお客様は自然とそのお店の魅力に惹かれます。



お店も人と同じで身だしなみをしっかりと整える事でお客様からモテモテな人気店になって行きます。






言うまでも無く、お客様に見える所は特に整理整頓が行き届いていないと

知らず知らずのうちにお客様はお店を悪く評価します。

レジのゴミ箱からレシートが溢れているようではダメです。笑






一緒に働くスタッフのみんなには

より細かい配慮が出来るように毎日成長してもらいたいなと

そんな期待をしております。








キッチンの中までしっかりと綺麗にする重要性についてはまたどこかの機会でブログに書くかもしれません。笑

安部 僚さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント