アハハライフ魂(スピリット)

アハハライフ魂(スピリット)

魂が望む、本当の自分、本当の生き方へのサポート

お久しぶりです、ぐるぐるです。
5月に入りましたね。

 


4月は、とくに後半から大きなエネルギーの流入があり、結構大変でした。

 


普段ならすんなり終わることも、時間をかけてもなかなか終わらず、やっとできあがったと思ったら、「あれ?これ何か違うんじゃない?」ということでもう一度最初からやり直したりと、すごくエネルギーを注がなければいけない月でした。

 


そんな一進一退の状況も27日の満月辺りから何かが拓けたような、山場は抜けたような感覚がありましたが、5月に入って今日は突然嵐のような天候になり、まだまだ浄化とシフトの波は続きそうです。

 


この大きなエネルギーの流入は、次は現象面で顕れてきます。
何かが一気に崩れるのか、じわじわと変化していくのか、いずれにせよ、何かしらの新しい変化が起きてくるのは間違いなさそうです。

 


自我は変化を嫌いますので、ついつい過去のやり方に執着してしまいますが、今、起きているコロナ劇場を始め、今の変化は大きな宇宙の「自己回帰」への促しですので、より本来の自分らしい在り方や生き方は何かを改めて問いかけて、それに向けた一歩を踏み出していきましょう。

 


先日、1月から始まったNew Earth Schoolが終了しました。

 


スクールでは新しい地球への移行へ向けて一番大切なポイントをじっくりお伝えできたと感じています。
動画の内容をしっかりとノートに書き写していますという方も何人もおられて有難かったです。

 

 

よっつのブログでいただいたご感想も紹介しています。

 

 


特に今、大事なのは、「3次元の課題の完了」です。
それらの課題は私たちの日常を通して宇宙から示されます。

 


スクールでは多くの方が日常の現象を通して、そこに示された宇宙や魂の意図や学びを振り返る癖ができたようでした。

 


特に5次元への移行の必須条件として「完全な自己責任」というものが挙げられます。

「完全な自己責任」とは、ひと言でいうなら「全て自分が起こした」という意識です。

 


何が起きようとも、何をされたとしても、それは自分が何かを手放したり、気付くために起こしたものであり、被害者にならずに、いかにそこに気付けるかが5次元移行へのポイントとなります。

 


たとえば、先日、早朝から近所の子のバスケットボールのドリブルする音で起こされたのですが、

 


「なんだよこんな朝早くから迷惑だろ!」と怒りのままで終われば、これは被害者で、3次元レベルのままになります。

 


当然僕も最初は怒りが湧き上がったのですが、内観してみると「眠っている人を無理矢理、起こそうとしている自分」がその現象に映し出されたということがわかりました。

 


どこかにあった「真理や真実に目覚めてない人」への否定的な思いや「みんな早く目覚めないと!」というエゴの押し付けがそのような形で返ってきたのでした。

 


「あなたが放っているエネルギーは、こんなにも荒いものなのですよ」と宇宙が教えてくれたのです。

 


もちろん他にもいくつかの捉え方や気付きはあったのですが、このように考えると物事のすべての責任は自分にあることがわかります。

 


すると加害者と被害者の2極世界を抜けて、私たちは統合された5次元、ワンネスの世界へ入っていけるようになるのです。

 


世界情勢から、自然災害、日常の細々したことまで、すべて宇宙からの導きとして自分に帰結できるようになった時、宇宙は大きな現象を通して気付かせる必要がなくなり、あなたの世界は穏やかに調和したものへ変化していきます。

 


宇宙からのサインを無視し続けると、アラーム音は、そのうち爆音になり、さらに隕石落下や果てはフリーザ様の登場になってしまうかもしれません。

 


いち早く「気付きの視点」を養っていきましょう。

 


6月からはそんな宇宙からの導きを実感し、気付きの視点をしっかりと養っていけるオンライン「宇宙塾」を開講します。
また5次元意識を体感するアセンションに特化した「アセンション・クォンタムシフト・コース」もスタートしました。

 

 

宇宙や魂の望みに沿う生き方をしっかりと意図した時、宇宙は大きなサポートと導きを与えてくれます。
下記講座&コースでは、それを実感できる取り組みを皆さんと共に行っていきたいと思います。

 

 

もちろん初めての方でもより深く宇宙と自分とに繋がっていける内容になっていますので、ぜひ次元上昇を体感していくきっかけにしていただきたいと思います。

 

 

肉体を脱いだ時、持って行けるのは深く魂に刻み込まれた気付きや叡智のみです。
それを得るためだけに私たちはこの大変な地上へ生まれてきたのですから、できるだけ真の財産を増やして還りましょう。

 


どちらのコースも5月31日までのお申込みは、通常価格よりも大変お得な先行割引価格となっています。
また「オンライン宇宙塾」は5月15日までのお申込みで先行特典もあります!

 

 

詳細はこちら↓

 

 

 

 

 

 

--------------------

 

 

ふんわり風船星  個人セッションは東京・高幡不動(新宿より電車で30分)でやっています。
    電話・スカイプ・ZOOM(いずれも通話料無料)でのセッションもあります。

 

 

ダイヤモンドパートナーのブログもよろしく「スピリチュアル・エレガンス」

ぐるぐるです。

4月に入りましたね。

 

 

桜はこちらは途中で雨などもあり、ちょうどいい見ごろを逃した感がありましたが、一瞬で散ってしまうところもまた桜の良いところですね。

 

 

先日みた夕空。

レムリア時代を思わせるような美しい色合いでした。

 

 

 

 

 

 

 

先日、久しぶりにIKEAに行くと、レストランのメニューがかなりヴィーガン対応になっていました。

 

 

 

お肉を使用せず大豆などから作られたプラントカレーとプラントロールキャベツ

 

 

モールなどでも自然食品の店やオーガニックなお店がいつの間にか増えていて、パラレルが変わった感覚を受けました。

 

 

最近は突然、物がなくなったり、出てきたりすることも増えて、明らかにわかりやすい形でパラレル移行が起きている感じです。

時空間移動がより簡単になってきている証でもあるので、柔軟に意識を変化させていくほど、新たな世界が開けてきます。

 

 

 

この世界には、今あなたが体験している世界と微妙に違うバージョンの世界から、大きく違う世界まで、無数の現実(パラレル)が存在しています。

 

 

目の前に「アディダス」のトレーナーを着た人がいる世界もあれば、

 

微妙に違う「アジダス」のトレーナーを着た人の世界もあるのです。

 

 

 

 

 

自分が存在するパラレルはどのように決まるかと言えば、それはやはり自分が放つ「周波数」や「波動」によって決まります。

 

 

だからよく「軽くなりましょう」「楽しい気分でいましょう」ということがいわれるのですが、僕の感覚ではそれは少し表面的な、自我が喜んでいるようなバイブレーションに近いように感じます。

 

 

もちろん楽しさや軽快さも大事ですが、必ずしもそれがあなたにとって心地よい、しっくり来るものとは限りません。

 

 

僕がしっくり来るバイブレーションは、どちらかと言えば、穏やかで、ゆったりとして、広がりのある、落ち着いた、愛や調和に満ちたような感覚です。

 

 

そのバイブレーションに浸っている時はとても心地良くて、リラックスできています。

 

 

その感覚から、ワクワクや軽さのバイブレーションに意識を向けてみると、やはりどこか物足りなくて、表面的な感じがしてしまいます。

 

 

ですから「波動を上げる」というのは、必ずしも一般的にいわれる軽さやワクワクだけを目指す必要はないということです。

 

 

あなたにとってしっくりくるバイブレーション、自然な感覚を選択していくことが、あなたの波動を上げていくことになります。

 

 

そして、波動を上げるプロセスでは必ず、自分の深い部分にあった痛みや傷も浮上してくるということです。

その場合は、じっくりとそこに向き合っていく期間も必要になります。

 

 

そこでもまた軽さだけに目を向ける、楽しい気分だけを選択しようとすると弊害が生まれてきます。

 

 

軽さだけ、楽しさだけを選択していくことは、ともすれば

 

 

エネルギー的にこんな感じになってしまって

 

 

 

逆に今、癒すべきものか目をそらしてしまい、結果的に現実がてんやわんやになって

 

 

 

kajidesu(火事です)

 

 

 

 

になりかねないので(笑)、浮上した痛みとはしっかりと向き合いつつ、あなたが選択したい波動を見極めて進んでいってくださいね。

 

 

--------------------

 

 

ふんわり風船星  個人セッションは東京・高幡不動(新宿より電車で30分)でやっています。
    電話・スカイプ・ZOOM(いずれも通話料無料)でのセッションもあります。

 

 

ダイヤモンドパートナーのブログもよろしく「スピリチュアル・エレガンス」

 

 

ぐるぐるです。

春分の日も過ぎてしばらく経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

今までの人類は、皆が同じ現実を体験する中で学ぶという設定がありました。
そこは結構制限もあり、いわば修学旅行でいう集団行動の時間でした。

 


引率の先生(主にディープステートでしたが 苦笑)がいて、それに従っていけば苦しいなりにもそれなりに生きていくことはできました。

 


しかし、これからは自由行動の時間になります。
制限は外れますが、それぞれが自分で選択し、行動していかなければなりません。

 


そこで大事になってくるのが、何をどう判断し、選択していくのかを決める、各自の「識別心」です。

 


今ほど多くの情報が溢れている時代はありません。
いわゆる風の時代となり、今までのように形あるものの価値よりも、情報など形のないものの価値がこれからはさらに高くなっていきます。

 


そこでどういう情報を得て、それをどう判断し、生かしていくのかがとても重要になります。
そこで私たちの直観やセンサーというものをしっかりと働かせていく必要があります。

 

 

 


少し前に森喜朗オリンピック組織委員会会長のバッシング報道がありましたね。

 


確かに発言には問題があった部分もありますが、あれを見た時、「ん?」と違和感を感じてしまいました。
芸能人も含めて一斉にバッシングをして、それがまた取り上げられていました。

 


調べてみると、森氏がオリンピックの会長を降ろされたことで、日本はIOCと対等に言い合える存在を手放してしまったということがわかりました。

 


後任の橋本聖子氏がIOCから圧をかけられた場合、それをはねのける力はなく、オリンピック開催中止を決めてしまうかもしれません。

 


開催中止を日本が決めた場合、2000億ともいわれる違約金が発生するといわれています。
もちろんそれは私たちの税金から支払われます。

 

 

 


あのバッシングの裏には森氏を辞めさせることで得をするIOCや放映権を持つアメリカによるコントロールがあったのではないでしょうか。
またさらにあのバッシング報道の裏で、RCEPという中国主導のアジアの自由貿易協定も組まれました。

 


それにより中国からの貿易に関する圧力やIT企業の進出による情報漏洩(現にLINEでもそれは今起きていますね)、さらに質の悪い農産物の流入など、多くの懸念材料があるのですが、これらは一切報道されなかったのですね。

 

 

それによって得をする中国共産党と深く繋がっている政治家や官僚などの意図が見え隠れします。

 

 

 


そういった偏りのある情報を見分けるセンサーを持っておかないと、同じように「そうだ、そうだ、森が悪い」とメディアがコントロールしたい方向に向いてしまうと、知らず知らずのうちに今までの支配体制を維持させたい人々の都合の良いように利用されていってしまいます。

 


コロナに関しても同じことがいえます。

 


コロナはそもそも存在しているのでしょうか?
普通の感覚で周囲を見渡してみれば、誰もかかっていないし、多くの人がどんどん亡くなっていくような状況でもありません。

 


PCR検査自体もまるで怪しい検査であることが調べればいくらでもデータが上がってきます。

 


「ん?ホントにコロナってあるの?実は何もないのかもしれない・・・」

 


「より多くの人が亡くなっているインフルエンザの時は何も警戒していなかったのに、何でここまで過剰になっているのだろう・・・?」

 


これが本来私たちが感じる自然な感覚であるはずです。

 


しかし、多くの人がコロナを信じ、報道を信じ、同じ方向を向いています。
客観的に自分で感じ判断することをせず、メディアをそのまま信じているとすれば、これはまたもや良いようにコントロールされていくだけです。

 

 

このままだとやばいぞ日本!

 


私たちは人間本来の直観や感覚をもっと取り戻していかなければなりません。

 

 

 

 

 


もっと五官を使って日々を生きていきましょう。
スマホやタブレットでネットの世界に入り込むほど、私たちはそのセンサーを鈍らせてしまいます。

 


一方的に与えられる情報を見て、私たちは自分で感じ、考える力を無意識のうちに手放していってしまっているのではないでしょうか。

 


自分で「感じる力」「考える力」をもっと養っていきましょう。
それが本当の意味で自由になっていくために必要なことなのです。

 


自由とは「自分を由とする」ということ。

 


あなた自身が軸となり、すべての現実の原因となっていくことで、得られるものです。

 


日本人の「素直さ」はとてもすばらしいものですが、それが単なる「従順さ」になってしまってはいけません。
都合の良いSheepleのままではダメなのです。

 


多くのものを素直に受け取り、受け入れながらも、自分で感じ、考え、取捨選択していきましょう。

 


あのサイババは言いました。

 


「日本は目覚めを知るのが最後になり、最大になるであろう」と。

 


以前から「最後になる」というのが引っかかっていたのですが、今の状況を見る限りどうやら最後になりそうな感は確かにあります(苦笑)
しかし、協調性にかけては群を抜いてすばらしいものを持っている民族ですので、一度みんなが同じ方向を向けば、一気にその流れは広がっていくはずです。

 


そういう意味で「最大になる」というのはあながち間違いではないかもしれません。
しかし、気付いた人から目覚めた生き方を実践していかなければなりません。

 


もう人の目を気にして生きる時代ではありません。
まずはあなたが日本を牽引していく存在になっていってください。

 

 

夜明けはまもなくです。

 

 

 

--------------------

 

 

ふんわり風船星  個人セッションは東京・高幡不動(新宿より電車で30分)でやっています。
    電話・スカイプ・ZOOM(いずれも通話料無料)でのセッションもあります。

 

 

ダイヤモンドパートナーのブログもよろしく「スピリチュアル・エレガンス」