風がどんどん強くなり釣りがしにくくなる中、
それでも大潮やからとまたまた行ってきました。
ただ、行くだけでなく、こんなもんを作ってみました。
シーアンカーです。
私の使ってる船は底がフラットな真珠養殖の作業船で小回り効いて浅場に入れるなど、GTには最高なんですが、風に流されやすい欠点がある。

それをなんとかしようとの自作。

それのテストも兼ねてレンバタ方面へ行ったのですが…

が、風は強くこの波。
これは駄目だと

それでも来たからにはとにかく投げようと。
全然期待はしませんでしたが、プラグはEBIPOPから波に強いSPOPに変えてキャスト。

波がざんざかで島周りにサラシが広がる中でポッピング。

こんなんアピールすんのかね?と動かしてたらいきなり来ました。

ドラグを引きずり出す大きさではないももの、なかなかキレのある泳ぎ。

釣れると思わなかっただけにうれしい。

では二匹目と頑張りますが、反応が無いのでジギング、シーアンカーのテストに。

まずFCB64JIGで300gのジグ落とします。
シーアンカー無しで。

やはりラインがかなり斜めになるなあと。
シャクって上まで揚げた後にシーアンカーを下ろす。

最初は上手く開かずに水を噛ませられなかったですが、微調整をしたら上手く開きました。

そこでジグを投入

?さっきより垂直になってる!これは効果あるのでは?

次はシーアンカー揚げてフォール
やはり斜めになる。
そこでハイピッチに巻き上げてくるとアタリ。

ゴリ巻きしてると、反転して一気にラインを出そうとする魚。
そうはさせじと指ドラグで抑えてロッドをしっかりベントさせて対抗。

巻けるようになると、今度は反転させる隙を与えないようにストレートポンピング。
ある程度あげると、ラインが更に斜めになって浮いてきたのがわかったので
「これはスジアラだな」と思ってたら…
初の獲物のヤイトハタ。
それもメーター超え。
こいつは嬉しい。

その後、捕鯨村に行こうと思うが、波に断念。
スワンギでキャスティング
SPOPと並んで波に強い金剛で探ると、
またまたバイト
小さいけど嬉しい一匹
これで切り上げて早く帰る気に。


またまたチカラ技しゃぶしゃぶ

スジアラより下腿ヤイトハタですが、
鍋に向いてますな、ツチホゼリに似た感じ。

しっかりおじやも頂きました。