“西高東低”解消へ!美浦トレセンの坂路延伸 | ぐりぐり君の一口馬主ブログ

ぐりぐり君の一口馬主ブログ

競馬が好きで中央個人馬主、地方個人馬主、共有馬主、一口馬主、POGをやってます。


テーマ:

美浦トレセンの坂路延伸 北馬場閉鎖、23年完成めど
今年設立40周年を迎える美浦トレセンで大規模な改修工事を行うことになった。長く懸案だった東西格差の是正を図る目的とみられる。
その目玉が坂路の延伸。栗東との同程度の高低差の坂路にするため、現状よりも15m掘り下げてコースを延伸させることになった。


栗東の坂路は高低差32mにあるのに対して、美浦は18mしかない。

〝坂路調教での負荷の違いが東西の成績の差に影響しているのではないか〟と問題視する声は以前からあった。
今回、15m掘り下げることで高低差は33mに拡大。栗東とほぼ同じ傾斜になる。


この延伸スペースを確保するため、厩舎や診療所などを移動することになり、北馬場の閉鎖が決定した。
北馬場にあった障害コースは南馬場に移設。周回コースは栗東トレセンと同じく一本化し、左回りの調教などが可能なようにバリエーションを広げる。2023年頃までに運用を開始する意向。
(今週号の週刊ギャロップより)

 

 

美浦トレセンの坂路コース

 

 


ようやくといった感じですね!
西高東低の問題は以前から指摘されてましたから。

コースの改修工事に関しては、最近だと社台ファームとノーザンファーム天栄が行っています。

 

 

社台ファーム コース改修で首位奪還なるか!?
https://ameblo.jp/gurigurikun1/entry-12123270942.html

 

ノーザンファーム天栄が坂路コースを改修した狙いとは
https://ameblo.jp/gurigurikun1/entry-12265291989.html

 

 

本当の調教の目的というのは体力をつけるいうことよりも、負荷をかけて全身運動させることによって効率的な走り方を覚えさせることなんだそうです。
今までより負荷をかけることでよりエネルギー効率の高い走りができるようになります。つまり今より速く走れるようになるというわけです。
日々のトレーニングで負荷をかけることがいかに大事なのかがよく分かりますね。
今後栗東との差が縮まって関東馬が躍進することを期待しています
ビックリマーク

 

◎ぐりぐり君◎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス