2019.8.17(土)新潟 | 馬券を極めて自由になりたい

馬券を極めて自由になりたい

中央競馬全レースの中から厳選狙い馬をピック。無駄なレースに手を出さない者が最後は勝つ!?

新潟1
⑦ミルキーハート
〔今週の坂路は全体54秒台ながら終いは12.5-12.3と尻上がりのラップで好感触。2走とも粗削りで幼い競馬ぶりながらいずれも大外を回して悪くない走り。その分まだ伸びしろがありそうだし、その上で今週の稽古ならそろそろ馬券内も十分〕

 

 

新潟2
穴⑮マイネルエスペスト
〔スピードで鳴らしたエイムアットビップながら産駒は全く走っていないが、ひとつ上のハミングデイズあたりからそろそろ走る子を出しそうな雰囲気はある。初戦は直線ジリジリとした伸び脚だったが、500キロ超の大型馬だけに叩いた上積みがありそうなのとダート替わりも良い方に出るのでは。ジャスタウェイ×アグネスデジタルとうい字面からもダート替わりが奏功しておかしくない〕

 

 

新潟5
②ラフィンフォール
〔一週間前追い切りで菊花賞3着ユーキャンスマイルを追走しながら先着と素質の片鱗を見せつけている。今週は感触を試す程度の芝追い切りだが、それだけ仕上がっているということだろう。友道厩舎の馬レベルと仕上げの技術は素晴らしい〕
穴⑥ショウナンバリレオ
〔今週の追い切りが酷かったが、先週までの動きは良かったし、そこそこ走ってきそうな馬〕

 

 

新潟8
④カナロアガール
〔ようやく勝ち上がったという感じだが、デビュー戦からタニノミッション、ノーワンに割って入る2着していたように勝ち味に遅いだけで素質は高い。勝てないレースも軒並みレベルは高く昇級戦でも臆することはない。以前のように極端な位置取りでなくても組み立てられるし、2000mに伸ばして勝ち上がったぐらいだから今回の舞台も合うだろう。前走で完敗したルイジアナママもいるが、同馬は当時がウッドで勝負時計をマークしていたが、この中間は(ウッドが使えないことはあるにせよ)坂路主体で、さほど勝負度合いを感じない仕上げ。逆転の目も十分。後は他の有力馬との力関係だけだが通用するとみる〕

 

 

新潟9
⑮チビラーサン
〔底を見せずに引退した名牝サウンドオブハートの子で母の唯一の重賞タイトルは1400mだった。本馬自身もマイルの前走で掛かっていたように現状では1400mがベストだろう。2走前にはスイープセレリタス(現3勝クラス)にも先着しているように1勝クラスなら能力上位⇒陣営のコメントがひと息なのとこの枠でどうかというのはある〕
穴⑫ファムファタル
〔相手なりに動けそうなタイプだし、芝でも重賞5着ジョーヒデキラの2着があり、その時の3着がミッキーバディーラという対戦比較からもここでも通用する余地はある〕

 

 

新潟10
①レッドフレイ
〔近2走とも4着だが、2走前はハイペースを早め仕掛けで負けて強しの内容、前走は本来使うレースを除外されて本意ではない東京マイルに出走し、脚がたまらなかった印象(内枠も良くなかった)。一年前のこの舞台で経験馬相手に圧巻の初出走勝ちを飾ったように舞台適性はピッタリ。脚元が弱く続けて使えないタイプだが、それだけに一戦一戦勝負度合いが高い⇒連勝を飾った時がいずれも大外。外目を伸び伸び走らせたかったが、よりによってこの枠とは…〕
⑨サクラアリュール
〔近2走ともに枠、展開などに恵まれず前走は終始窮屈な位置取りから直線でも不利。当舞台複勝率50%を誇る戸崎騎手を配して近走のうっぷん晴らしにきた〕

 

 

新潟12
⑬ホーカスポーカス
〔近2走も崩れてはいないが現状では1200mの方がベターに映るし、中央開催からローカル変わりでメンバー的にも組みしやすくなっている〕
②クインズラミントン
〔意外にも1200mは初だが血統的には歓迎のはず(ヨハネスブルグ産駒の複勝率35%超)。前走で不良のハイペースを経験したことも距離を短縮する上では良かったのではないか。好走が続かないアテにならないタイプだけに、前走で凡走したこともむしろ好都合〕
④ゴールドクロス
〔前走は内枠もあって位置取りが一列後ろに。逃げ先行馬と大外枠から追い込みを決めた馬の決着の中、ルーキー騎乗で決してスムーズとは言い切れない中での僅差5着だけに力は示した。近走で連続2着した丸山騎手に手替わりで勝負気配も増した〕

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

勝負候補馬