2月12日(月)東京の狙い馬

テーマ:

今日(日曜日)は府中競馬場に行ってきた。ブログで穴として挙げていたサトノファンタシーとかイチダイが来てくれて、うまくやっていれば勝てるチャンスもあったんだけど、途中でぶち切れたり、落ち込んだりして、冷静さを欠いた俺には無理だったわ(笑)

 

とはいえ途中でどれだけやられても、今日は最終が一番自信あったから、「まだまだこれからや!」と必死に耐えていたんだ。ただ、最終レースのパドックで見たその本命馬、アオイシンゴちゃん(シンゴとつくとちゃんを付けたくなるw)は、まず姿見からしてパシュファイヤー(目の周りを覆う馬具)をつけて気性に難ありの様相。

 

実際その通りに終始チャカついていて、そのチャカつき度合いが周回ごとに増してくる。さらにウチパクさんが騎乗した後にクビを上下に振り振りして、クビの後ろ側がウチパクさんの顔面を激打。しばらくウチパクさん、馬のクビに臥せっちゃうような格好してて、一時はやばい事態になったのか!?と思っちゃったほどだよ。

 

その後もシンゴちゃんはチャカつきを越えてカニ歩きみたいに歩いてるし、「あーもうこりゃ買えん、ただでさえウチパクさん信頼していなかったけど(失礼)、顔面強打で意気消沈しているからもう絶対無理だべ」と、急遽、その日あまり活躍していないからそろそろがありそうという理由だけで、戸崎騎手に軸を変更するという。。。

 

まぁ、そんな顛末はツイッターでもぼやいていたんでこの辺にしとくけど、明日はぼやきじゃなくてズバッと報告をしたいもんだね。

 

 

 

東京2
⑫トーセンヴィータ
[あまり買う気はしないけど今回は堅軸では]

 

 

東京6
⑪マイネルユキツバキ
[前走は4着だが、関西の骨っぽい相手だったので及第点以上。それ以前の内容からこのクラスならいつでもチャンスがあるし、有力どころが多数除外されて組み合わせ的にもチャンス到来。
※補足:日曜の京都で本馬の前走2、3、5着馬が1~3着独占。5着馬が14番人気だったというのは驚きだけども、その馬の5馬身前にいたマイネルはやはりここでは力上位でしょう]
穴②ロードトレジャー
[プラタナス賞では筆頭に挙げたマイネルとハナ差。前走も大味な競馬ながら2着と0.1秒差まで追い込んだ(ハイペースの恩恵はあったが)。はまればここでも圏内に来られる馬。この枠なので捌きが肝要だが]
穴⑤プロスパラスデイズ
[新馬時のウッドの追い切りが素晴らしくまず負けないと見立てた通り、2着には0.2秒差でも3着以下にはそこから10馬身。その割に前走が案外だったが、コース替わりの距離延長は楽ではなかったか。今回はクラス慣れと勝った条件に戻るので前進が見込める。ただし、今週の坂路の追い切りが意外なほど酷く、ウッドの方が動く馬なのか、それとも状態に問題があるのかそこは何とも。※補足:どうやら中間ソエを発症していた模様。ちょっと評価を下げたいが人気がないので抑えてもいいかという感じ]
穴①エピックアン
[新馬で下したワークアンドラブが未勝利に続き500万も勝利。この馬も500万通用の力はある。前走は序盤にもって行かれるほど掛かって田辺にしてはぶさいくな騎乗。その割に終いそこそこ来ていた。一度使ってガス抜きができたろうしスムーズに走れれば。田辺はそういうところを修正できる騎手]

 

 

東京10
②ロワアブソリュー
[この馬の力を認識させられたのが4走前(9ヶ月ぶりかつ昇級戦)。逃げた馬と2番手の馬が1、3着の流れを33.0の上がりを駆使して2着。その次走(3走前)は1000万に降級したとはいえ、反動が出ておかしくない流れをあっさり完勝(今回と同舞台)。2走前は外枠の不利もあって5着に敗退も、騎手も微妙だったし、ここで大敗した馬が次走以後で多数巻き返してもいる。前走も外枠で掛かり気味の追走と川田騎手とは合わない感じ。今回の騎手は最強外人ムーア。そして近2走の外枠から一転内枠をゲット。日曜の東京を見ても内が有利。あまり前に行かないで欲しいがそんな注文はムーアには無用かと]
①ショウナンライズ
[この舞台で1000万を2勝とベストの舞台。2戦目の方がいい馬だし、OP4着からの臨戦も有利。+14だったので多少でも絞れればなおいいか。この枠の戸崎ならソツなく乗ってくれそうで、あとは捌ければ]
穴⑥マテンロウハピネス
[稽古は良好。現級でも馬券内があるし、いつ馬券になってもいい下地はある馬。この4走着順はひどいが、着差はそこまでない。前走の元町Sはレベルが高く、大敗した馬から巻き返した馬も目に付くし、本馬も1000万を快勝したこの舞台に戻って一発期待]
穴⑧マコトサダイジン
[前走はマテンロウハピネスと同レースでハイレベル。もともとワンパンチ足りない馬で、恵まれないと厳しい馬が、スローペースとはいえ17番から先行する形はきつかった。2走前にワントゥワンと0.1秒差しているようにオッズ的な妙味も大きい。恵まれての穴候補]

 

 

東京11
⑥テトラドラクマ
[前走は外枠から強引に先行して差し決着に遭っての6着で0.5秒差なら踏ん張った方。2走前の走りが圧巻も圧巻だったし、3走前もフェアリーSの勝ち馬プリモシーンとクビ差で3着には5馬身差。とにかくこの舞台の走りが素晴らしく、人気で負けての臨戦というのも○で後退はありえない。どの馬にもいえることだがフルゲートだけに捌きが肝要]
②フィニフティ
[フェアリーSやホープフルS、共同通信杯等を見ても分かる通り、素質馬ならキャリア1戦でも通用する現在の2歳戦。慎重な藤原厩舎が500万や地元のレースを使わず、あえてここにぶつけてきたのは勝機があってこそ。2週前のCW終い11.4も素晴らしい。デビュー戦のレベルは低いが、この馬だけ次元が違かったしそこは不問。日曜の馬場を見てもこの枠は有利]
⑩マウレア
[データ的には欠点なし。勝ったレースに派手さはないが、少差でもきっちり勝つタイプとみたい]
⑨アルーシャ
[臨戦過程○。ルメールなら上位争いに持ち込みそう]
⑭オハナ
[数少ない2勝馬ということで無難に挙げたが、前走は中山マイルの内枠を不利なく走れたもの。2着以下の馬も次走以後で大敗が目立ち、そこまで評価はしていないが]
⑬ツヅミモン
[稽古は本当に素晴らしい。ただし、人気薄で好走した後の人気というのは馬券の鉄則としては(前走時に評価していなかった者としては)後追いになるので微妙なところ。非常にもデムーロに乗り換えてきたのは勝負がかりではあるが、ここは馬を純粋に評価してヒモまで]
⑫レッドベルローズ
[まだ心身ともに幼く今回も後方からの競馬となりそう。そうなると日曜の東京芝好走馬タイプとは乖離してしまう。また、前走から短い間隔にも関わらず、前走後に天栄に放牧に出たところにいささかの疑問。わずか一ヶ月の間隔なら普通なら10日競馬などせず厩舎に在厩しての調整が普通でその辺りにも芯の弱さを感じる]
⑪ライレローズ
[本馬も東京で好レースをしてフェアリーSで人気して負けたテトラドラクマと同じパターン。前走は内枠が災いしてしまった感じがあるし、巻き返す余地はある]

 

 

東京12
⑤リヴェルディ
[前走は勝ち馬が強すぎて競馬もしにくかったし、結果的に位置取りの分4着という感じ。東京マイルはベストの条件。ただ、今週の稽古は先行しての遅れと微妙。能力と臨戦的には抜群なのだが、その辺だか気がかり]
穴⑥コパノビジン
[前走は1400⇒1900というよく分からないローテに鞍上も御せずに惨敗。4走前も同じ鞍上だったが、実はこの時もまともに御せずに馬の力だけで圧勝した。よって能力は相当ある馬。1600~1800がベストの馬で鞍上も若手のホープに乗り替わり。逃げずに先行策から抜け出す形をとってもらいたい]
⑬ジェイケイライアン
[現級能力上位。連闘で戸崎なら無難に走らすでしょう]
⑦ポップアップスター
[脚質的な不安定さから500万を勝つのに手間取ったが、能力的にはこのクラスでも通用する。クラスが上がったからといってペースが上がるとは限らないが、レース質が上がることは確かでそうなった方が力を発揮しやすいタイプとみる]
穴⑨パイロキネシスト
穴③ミスパイロ

 

 

 

明日の東京で一番買いたい馬。散っても悔いなき一頭です。

ちなみに今日の散っても悔いなき馬はミッキーロケットとアメリカンワールドでいずれも派手に散りました(笑)

AD