波平の注目馬

波平の注目馬

中央競馬全レースの中から厳選狙い馬をピック。無駄なレースに手を出さない者が最後は勝つ!?



テーマ:

小倉だね、小倉。

今日のツイッターで中京とかほざいちゃったよ。

 

その小倉、3歳の1200mでは追い込みが決まったかと思ったら、最終の1200mでは33秒台で行った行った。一筋縄じゃいかんね。だけど、明日は重賞で川田を筆頭に上位が参戦するから割と狙いやすいかもね。多頭数に飢えていたからやりたくなっちゃうんだよね(笑)

 

 

小倉4
穴⑤ヴェル

 

 

小倉7
⑩スターリーステージ
〔川田騎手とは初勝利以外3戦外だが、強敵相手のマイル戦でのもの。ミッキーアイルの下らしくここにきて短距離志向が目覚めてきたようだし、前走で脚質に幅が出たのも良い〕
⑮ダンシングチコ
〔アネモネSやスイートピーSなど限定戦とはいえOPでも善戦していた馬で500万なら能力は上。近2走は鞍上が脚質展開を試みているが悪い内容ではないし、血統的に1200mもこなせるはず〕
穴⑨ステラローザ
〔小倉の未勝利を楽勝。以後、このクラスで馬券になっていないが、前走はマイルを33秒台で逃げて大負けしていない。ダートの2、3走前は度外視できるし、前走をきっかけとして得意の舞台に変われば〕
⑱ディヴァインハイツ
〔前走はスターリーステージと僅差。もともと牡馬相手の新馬を強い内容で勝ち上がったくらいの馬。復調気配だし叩き3戦目、本馬も短距離の差し馬の資質はある〕
穴⑦リーガルリリー
〔この舞台の未勝利を圧勝。当時は昇級即通用と思ったものだが揉まれるとダメのよう。ここもスムーズに行けるかどうか〕

 

 

小倉8
⑧レッドヴァール
〔前走は一番人気でも走れない臨戦。6着ならよく踏ん張った方。それでもキャリア一戦の身で一年以上ぶりの格上げ戦を押し切ったように能力は高い。前走がガス抜きとなったし、もともと2200mは長いと感じていたので1800mも良い。この舞台の新馬戦ではメイショウテッコンにクビだけ差されたが、走り自体は良かった。適性はある。〕
⑥ショウナンサスケ
〔ひと息入ったが休み明けも動けるタイプ。このクラスは勝ち切れないものの堅実でこの舞台も合う〕
⑮ルエヴェルロール
〔この枠がどうかも流れるようなら差し込みも。この舞台で12着の後に2着したこともあるし、大敗後でも巻き返せるタイプ。稽古もいいし、舞台適性、相手関係からも〕

 

 

小倉10
穴⑦レッドアルジーヌ
〔デビュー当時から叩き良化型。前走は終いに徹して着狙いの騎乗ながら末はそこそこ目立っており今回あたり走り頃。この舞台で未勝利を勝った時は先行から押し切る強い内容だったし、牝馬同士なら〕
⑤ウスベニノキミ
〔重賞以外の条件戦ではほぼ崩れていない。条件クラスで馬券圏外となったのはワンターンの切れ味勝負となった時が主でこのコースならそうはらない。久々の自己条件だし、まともなら勝ち負け〕

 

 

小倉11
②エアアンセム
〔流れに乗れなかった前走でも最速上がりは駆使して0.2秒差だから衰えはない。ロベルト系らしく厳しい流れの2、4走前の重賞で好走しており、テンに速そうな今回はおあつらえむきの展開となる可能性も〕
⑫スティッフェリオ

 

 

小倉12
穴⑦メイケイダイハード
穴⑮ディアボレット

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

明日の勝負候補馬


テーマ:

京都2
①トーセンテキーラ
〔前走は臨戦過程が悪くそもそも狙えなかったが、4角で外に振られるロスも響いた。道中の雰囲気は良かっただけにもったいない競馬。惰性で流れ込むタイプだけに、その後の挽回は難しい。今回は距離を意識してかわざわざ京都への遠征。ハナに立てなくても競馬はできるが、この枠ならハナに立って押し切りを図って欲しい〕

 


京都3
穴⑦ショウナンマンカイ
〔追って甘いタイプだけにこの距離で先行押し切りの形が合いそう。一息入ったが稽古は終い重点に好感の持てる仕上がり〕
穴①クィーンズウェイ

 

 

京都6
③フォレプルート
穴⑪エヴァキュアン
穴⑭セイウンコービー

 

 

京都8
⑥ドラグーンシチー
〔若干反動が気になるが、稽古は素晴らしくこのクラスでは一枚上かと思わせる。確かにデビュー当初から差のない勝負をしてきた馬たちは軒並み上のクラスでも活躍。マイル替わりもむしろプラス。体重は絞れて欲しい〕
⑦モズダディー
〔前走は10着だがハイペースを先行して一秒負けてない。中央復帰戦としては厳しい展開を経験し、慣れが見込める今回は前進が見込める。稽古は明らかに上昇〕
⑪イルーシヴゴールド
〔未勝利時代の相手関係から地方を楽勝で中央復帰は当然。このクラスでもむしろ力は上のものがある〕
穴⑫ドラゴンマジック
穴⑭ナンヨーマーズ
※ヤマニンペダラーダやブレイニーランの力は認めているが、どうせ人気になるだろうし、あえて挙げるほどの魅力は感じない。あっさり来てもおかしくないが、こなくてもおかしくないそんなタイプ。特にヤマニンペダラーダは前走で自信の本命だったように、タイミング的には前走だったので。

 

 

京都9
③インヘリットデール
〔一度勝った1000万でもたついているのがおかしいくらいの力量馬だが、復帰後は稽古に精彩を欠いていたことも確か。しかしこの中間はCWの長め追いも交えて完全復活の動きを披露。このメンバーだったら馬券は外さないと思う。京都1800mの成績がひと息だが、ルーラー産駒の複勝率は3割を超えており問題はないかと。ただ、この頭数では全く妙味がないのが残念〕

 

 

京都10
穴⑥アダムバローズ
〔ブログ上でもデビュー戦からずっと推奨してきて、若駒Sも最低人気で推奨して逃げ切ってくれた。皐月賞以後は推奨していないが、久々に若駒S当時の雰囲気が漂う今回。前走でも一応最速の上りは使っているし、今回は出れば逃げの手に出そう。このメンバーなら前残りも〕

 

 

京都11
⑪ヤマニンアンプリメ
〔重賞の前走でも一度置かれてからもう一度伸びてきた末脚には見どころがあった。一瞬前がふさがるようなシーンもあったがあれがなければもう少し上に来たかも。準OP時代からコパノキッキングやホウシュウナウなど今やバリバリのOP馬と差のない競馬をしていた馬で本馬もOP特別なら力は上。騎手は不安だが、この馬に関しては鞍上強化〕
③ヴェンジェンス
⑧ゼンノサーベイヤー

 

 

京都12
⑧ナムラキヌ

 

 

※土曜のツイート

ブログを読んでくれている方でツイッターをフォローしてくれている方がどのくらいいるか分からないが、土曜日のようにツイッターだけでズバッと情報を提供している時もあるし、ブログの見解は新聞を見る前の段階なので、新聞を見た上でツイッターでフォローすることもあるので、よければツイッターもチェックしてくだされ。

 


テーマ:

東京2
穴⑮ラストクローザー
〔前走は大差負けだが、厳しいペースに投げ出した感じだし、能力的にはもう少しやれそう。カジノ×ヘネシーなら勝った中山1800mよりも今回の舞台の方が血統的には合っていると思うし、流れと差しが決まるようなら。騎手的には期待は薄い〕

 

 

東京3
⑮ジーナアイリス
〔ハイペースを2番手から粘り切れなかった前走は悪い内容ではなく、今回は条件替わりも良さそう。稽古内容も上々で〕
⑫レトロフィット
〔臨戦過程〇。出遅れが気になるが、臨戦過程自体は悪くなく、ルメールなら大丈夫かなと(若干希望的観測)〕
⑬ワンダーマンボ
穴⑭ストラトフォード
危険人気③トゥーフラッシー
〔前走は4着以下に10馬身差も3着馬は次走で崩れているし、本馬にしても臨戦過程は決して良くなく〕

 

 

東京6
⑪ブランメジェール
〔500万を楽勝し、1000万でもハナ差。休み明け、芝、臨戦過程の悪い時以外は一切崩れていないし、今回の臨戦なら大丈夫だと思う〕

 

 

東京9
穴⑤ナンヨーイザヨイ
〔ルメには捨てられてしまったが、ルメの選んだデルマルーヴルとも差のない競馬をしているし、臨戦過程では本馬の方が上。ただ、デルマルーヴル以外にもヴェイトブリック、オーヴァルエースなど素質馬が揃いメンバーは揃ったので、まぎれた時の2、3着かなというイメージ〕

 

 

東京10
穴④トーセンアイトーン
〔藤原厩舎らしく大切に育てられ徐々に素質開花。弱いメンバーのローカル勝ち上がりだが、同厩舎、同父のルックトゥワイスやパフォーマプロミスなどの姿もだぶり通用しておかしくない〕
穴⑪ダノンキングダム
〔展開利が見込め、3走前には今回人気のブレステイキングの2着〕

 

 

東京11
◎ゴールドドリーム
〔臨戦過程が微妙で迷ったが、能力面と騎手から3着は死守するのではという消極的本命。それでも条件替わりはいいだろうし、稽古も良化。3年連続同一G1好走は高いハードルではあるが、政権の長いダートならそれも可能と思いたい〕
〇インティ
〔未知な面が多い割に一番人気で妙味は薄いが、臨戦過程は悪くないし、速いペースも逃げない競馬の経験もあるので捻らず対抗に。おそらく2番手からの競馬になると思うが、サクセスエナジー以外に目立つ先行タイプがおらず、極端に外から被されるようなことはないと思うし、サクセスの逃げを盾に抜け出すシーンもイメージできる〕
▲サンライズノヴァ
〔2走前はともかく前走は?だが、そこで大敗したことで今回は無欲の騎乗ができる。はまった時の爆発力はこのメンバーでも通用するし、充実の5歳で最も得意なこの舞台が最大目標のはず。去年4着時は危険な臨戦だったが、今回は当時より悪くないし地力も強化されている〕
△ノンコノユメ
〔2走前に駆使した上がりはオメガパフュームを0.4秒もしのぐダントツなもので、7歳でも力は落ちていない。前走の中京1800も今のこの馬の脚質では厳しい舞台。そこでオメガと0.1秒差だから妙味の面で狙うべきは本来この馬かも。軸にはできないがヒモ穴なら〕
△オメガパフューム
△サンライズソア

 


テーマ:

小倉は頭数が多くてやる気が出るけど、騎手のレベルが劣るからレースが乱れたり、場合によっちゃ先日の中京のメイショウビジューのように他馬から不利を被るケースも(根に持つねw)。それなりに買いたいレースはあるけれど、イライラさせられそうな予感もして買わない勇気も必要となってくるね。

 


小倉2
⑫アクティーボミノル
⑧ナムラマッチェリ
②ジャングルキッド
①ヘアピンローズ
危険人気⑭デンコウブレイブ

 

 

小倉3
①ミコクイーン
〔現OPヒシイグアスがスローで逃げた2走前に唯一後方から入着を果たした。前走もレベルの高いレースでいまだ国内未勝利のブロンデルを背に僅差5着だから馬は力を見せた。デビュー戦で小回りの福島を捲って2着したように、小回り適性が高く、兄レッドファルダもこの舞台で快勝したから母系の適性も合うかも→枠は最悪〕

 

 

小倉4
①リライト
〔近2走は相手関係、展開にも恵まれず。初戦のようにもう少しためを利かす形の方が良さそうだし、この距離なら自然とその形になりそう。血統的に平坦も合いそうだし、臨戦過程も良い→枠は良くない〕
⑧タガノプリマベーラ
〔前走の大敗は明らかにダート。芝では崩れていないし、阪神で新馬2着ならローカルでは上〕

 

 

小倉5
穴⑩ラプタス
〔初戦時はまず馬券になると思ったが5着。前走もまさかの大敗。立て直されて稽古は悪くないしもう一度だけ注目。半信半疑ではある〕
穴④アナザードリーム
〔初戦は展開利があったとはいえ、次走を楽勝する馬の2着。その後は展開に恵まれていないが、距離を延ばした今回は逃げられる可能性が高まるし、逃げられずとも息は入れやすいのでは〕
穴⑫マーガレットリバー
〔実戦で結果を出せていないが、稽古は見どころがある。タイキシャトルなら〕
※実際は人気になる馬もいそうだが、いずれも半信半疑なのであくまでも穴評価

 


小倉7
①ドリームスピリット
〔前走は人気でも臨戦過程悪く個人的にも危険視した。それでも大外枠からよく差を詰めて5着したように能力の高さは示した。ゼンノロブロイ産駒の兄コスモロブロイも長距離適性が高かったし、本馬も操縦性が高いので長めが合う〕
⑧ニッポンテイオー
〔前走は川田騎手が正攻法で乗りすぎてこの馬の良さが生かされなかった印象。2走前は不利。3走前は展開不利。後方から徐々にまくり上げる形を得意としており、それができるのがこの舞台〕
②バリオラージュ
〔前走は反動か?この厩舎ならしっかり調整しなおしてくる。そうなれば元の力は上なので〕

 

 

小倉9
⑦ウォーターパルフェ
〔ただでさえこの鞍上で人気になってしまうので挙げるのを迷ったが、馬の力が上だし器用さがあるのでこの舞台も合いそう。勝ち切るかはどうかも軸としてなら。ただ、一応筆頭には挙げたが、個人的にはこの騎手を軸にして馬券を買うことはありません〕
④クリデュクール
〔前走は休み明けの試走でダートだったのか。芝ならこのクラスでも勝てる位置につけているし、叩いて絞れてくれば〕
穴⑥コスタネラ
〔近2走最速上がりは使っても勝負圏には遠いが、ダートとはいえ新馬を断然人気で制したように素質はある。脚質的に多頭数の消耗戦がいいので今回は微妙だが、稽古の動きが相変わらず良く、3か月のリフレッシュでの変わり身に期待して〕

 

 

小倉10
⑬グッドレイズ
〔前走は相手も強かったが、大外枠もつきがなく、力を出し切ったとは見ていない。一気の距離短縮がどうかだが、フルゲートで激流になって差し脚の生きる展開になれば出番はありそう。未勝利時代に戦ってきた相手関係は今回のメンバーと比べても上位〕
③タガノジェロディ
穴⑩カレンソナーレ

 

 

小倉12
⑰ラルムドランジュ
〔未勝利時代に現1000万レッドガランとタイム差なし(向こうは初出走だったが)。1200mでは成績が悪いが、2走前は15番枠から最速上がりタイで行った行ったの展開を0.4秒差まで詰めているので、適性がないわけではない。ここも展開次第ではあるが、臨戦もいいので〕

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

新聞を見る前の現段階で明日買ってみたい穴馬たち

ワイド1本一万勝負は日曜日に


テーマ:

京都2
③セイドアモール
〔前走はハイペースの逃げ。後続のついあげも早く失速も仕方ない。この手のタイプはマイペースなら一変する。平坦のこの舞台は合いそう〕

 

 

京都5
③オーロトラジェ
〔挙げる価値のない人気馬だろうが、中間の調整過程(先週はウッド5F65秒台終い11秒台、今週はルメールを背に坂路で軽々と好時計)を見ると未勝利は早々に卒業しないといけない馬かと。2走前の本舞台ではスムーズさを欠いただけで舞台適性は関係ないはず〕
①ヒーリングマインド
⑤カフジローズ
※基本堅そうなレース。人気馬の中ではどう乗っても甘さの出るマイディアライフが怪しいか。

 

 

京都6
⑧ビックピクチャー
〔先週、今週の重賞に出走するディメンシオンに坂路で先着。今週も芝で好時計と調整万全の感。ディープ産駒だが、ストレイトガールの下でスピード能力が高そうなので1400mに戻るのも良いかと〕
⑥ブリッツアウェイ
〔前走は勝ったコントラチェックが強すぎて先行してなし崩しに脚を使わされた本馬にはきつい競馬。母系がアメリカンなスピード血統なので1400mも問題ないだろうし、上がりの掛かった阪神マイルで牡馬に勝っているのだからそれなりにパワーもある。今の京都は合いそう〕

 

 

京都7
穴⑫ニシノトランザム
〔未勝利時、個人的に力を買っているメイショウバイタル(500万でも上位多数)を完封した内容が強かった。なぜかその後は支離滅裂な使われ方をしていて久々のこの舞台。森厩舎なのに坂路ではなくCW調整しかしないのは気がかりも、臨戦過程はいいので〕
穴⑤カミノコ
〔こちらは森厩舎らしく坂路で好時計連発。24キロ増の前走内容も悪くなかったし絞れてくれば〕
危険人気⑯クリノアントニヌス

 

 

京都10
④ビックリシタナモー
〔スローの前走でもそれなりの脚は使って復調気配をうかがわせた。ここでベスト距離にベストな鞍上。多頭数で差し有利になった方がいい馬だろうが、先行馬が複数いるし差し込みに期待〕
⑦アディラート
〔前走は出遅れて何もしていない。もともと波のあるタイプで大敗は気にならないし、福永とは合いそうな印象。自分のペースならこのクラスも臆さない〕
穴⑨カネトシビバーチェ

 

 

京都11
①ディメンシオン
〔前走はハイペースを先行しての5着なら悪い内容ではなく、牝馬戦なら重賞でも通用する力を見せた。マイルの前走でも行きっぷりは十分だったし、母父モンジューでも1400mは合いそう〕
穴⑦キョウワゼノビア
〔前走も穴で狙ったがさすがに家賃は高かった。とはいえ最初から流れに乗れていなかったし、13着とはいえ0.6秒差だからそこまで悪くはない。マイルでミュージアムヒルやレッドオルガ(不利あり)をやぶった3走前が印象的だが、短距離志向の母系から元は1400mがベスト。ここで箸にも棒にも掛からなければもう狙えないが、カッチーがわざわざ遠征する意欲にも期待したい〕
穴⑮リナーテ
〔前走はロスなく乗られた割に同じような位置からミスパンテールには突き放されたが、臨戦過程が悪かった中とすれば頑張った方。今回は2走前に勝った距離だし、この中間の稽古も抜群。サトノダイヤモンドの下で遅ればせながら本格化の兆しも〕

 

 

京都12
①スズカグラーデ
⑧メイショウアリソン
穴③ブレイヴバローズ

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス