馬券を極めて自由になりたい

馬券を極めて自由になりたい

中央競馬全レースの中から厳選狙い馬をピック。無駄なレースに手を出さない者が最後は勝つ!?



テーマ:

東京1
⑦ペイシャジュエル
〔新人騎手、微妙な追い切り、ほぼ間違いなく出遅れる…などかなりの減点要素はあるのだが、抜群の臨戦過程でそれらをカバーできるとみる。相手も①⑥⑤あたりで堅そうだが〕

 

東京2
⑪キモンカラー
〔全5戦中4戦が藤田騎手ともう一戦が新人。それで近2走は外枠でロスのある競馬ながら崩れていない。条件替わりは良さそうだし、何より大幅鞍上強化で〕
穴⑩ショーシンイ

 

東京5
⑦サトノフォース
〔ライルを子供扱いした未勝利戦の内容優秀。前走は鞍上弱化でロスの大きな競馬。条件替わりも悪くないし、断然人気と思いきやそうでもないなら妙味も十分〕

 

東京6
⑨マックスアン
〔前走は内をロスなく回れたとはいえ、先行馬にきつい展開で直線は前が壁になりながら(だからこそ脚が溜まったとも言えるが)終いまでしぶとく脚を伸ばした内容は価値が高い。大和田厩舎は今年8勝を全てダートで飾っており、ダートだけなら複勝率は30%。乗り替わりもプラス〕
穴⑭キュリオス
穴⑫ゴールドフレーム
穴⑩エンドーツダ

 

東京11
◎②クロノジェネシス
○⑧ダノンファンタジー
▲⑬ラヴズオンリーユー

△⑯ビーチサンバ
△⑭フェアリーポルカ
△⑦シャドウディーヴァ

危険人気馬③コントラチェック、⑪シゲルピンクダイヤ

 

※傾向通り無理な穴は狙わない。オークスで強い競馬をした2頭と未知な面はあっても臨戦過程は抜群のラヴズオンリーユー。これが1~3人気だと微妙だったけど、不安ローテで実績も適性も微妙なコントラチェックが人気で割って入ってくれたのは好都合。

 


京都4
④ハーフバック
穴⑯ライズ
危険人気馬⑦ウェーブクリスタル

 

京都6
穴③エルズリー

 

京都9
⑥メイショウベルボン
〔上のクラスでも一番人気に支持されたほどの馬が500万でもがいているが、今年にはいってからは一戦ごとにレース振りが良くなっているし、前走は直線で不利もあった。この日の京都では上位の浜中に変わって更に前進〕
④サンライズマジック
⑩ショウナンタイザン

 

 

新潟1
穴⑯プレシャスメール

 

新潟2
穴⑩アラニ

 

新潟8
⑩タガノスカイハイ
⑬ブラゾンダムール
⑪ロードマドリード
穴⑤ネオヴィットーリア
穴②ソールライト
危険人気馬①ミエノウインウイン

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

土曜日挙げていた馬はほとんど来てたね。

明日の勝負候補馬も来て欲しいやね。


テーマ:

ローカルはよほどいいと思った馬じゃないと馬名だけになることが多いかも。ただ、馬名だけでもさりげなく激走することもままあるので、その辺のさじ加減は難しい。あとの判断はお任せ(笑)

 

 

新潟5
⑦シービークラーケン
〔経験馬相手の前走はハイペースに巻き込まれて苦しい形ながら僅差3着。2戦目で良くなるとは一概には言えないが、まともならローカルでは上位争いできそう〕

 

 

新潟9
⑧シスル

 

 

新潟10
⑨ジャストマリッジ
②シフルマン

 

 

新潟11
穴⑫ケワロス

 

 

新潟12
⑮ザベストエバー

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

新潟は当然シービークラーケンは気になるけど、人気次第ではこの馬も買いたい


テーマ:

京都3
⑬エレディア
〔キンカメ産駒は当舞台30%超だが、その通りに変わり身を見せた前走内容は最速の上がりも使っているように上々の内容。友道厩舎ならもう一段引き出しもありそうで〕
危険人気馬⑫スマートフルール

 

 

京都4
②エクレアスピード
〔前走は臨戦過程も悪く大敗したが、OP馬並に動く稽古からも未勝利に甘んじる馬ではない。最近の出脚の鈍さは気になるが、出遅れながらランスオブプラーナの2着した2走前を見てもやはり能力は上位〕
③ベストチャーム
〔前走は輸送で大きく体を減らしたことも敗因にあったかと。立て直されてデビュー戦の舞台、鞍上に戻れば前進しかない〕
⑪アメリカンソレイユ
〔前走は4角14番手の馬が勝つようなハイペースを演出。大敗はダートというよりは展開によるものだったような気はするが、いずれにせよスピード能力の高さは見せたし、既に実績のある芝に戻るのも当然悪くない〕
穴⑥メイショウウチデ
穴⑨アールウォーケン

 

 

京都5
④ロードアブソルート
〔経験馬相手に3着した当時の2着馬は次走を楽勝、4着馬も2着。上位馬の中では本馬だけ2戦目に着順を落とした格好だが、臨戦的にはそれも仕方なかった。それでも重馬場の前有利の展開の中、13番手から最速上がりを使って権利の確保に成功したのは大きい。距離延長に不安はなさそうだし、初戦の走りから巻き返しに期待〕
穴⑭モイ
〔末脚は確実。展開次第だが、今の未勝利なら食い込みも〕
危険人気馬⑬ダノンレグナム
〔ディープ産駒にしては瞬発力に乏しく、崩れはしないが3着続きの着順ほど信頼感はない。人気するようならそこまで評価はしたくない。今回も崩れはしないだろうが…〕

 

 

京都6
②ダノンテイオー
〔ディープ産駒でも上がりを使えないタイプで重賞で上がり勝負になった前走はやむを得ない敗戦。自己条件のこのメンバーでこの枠ならロスなく回って上位争い可能〕

 

 

京都7
穴⑮ダブルスピリット
〔前走は一番人気で崩れたが、過剰人気のきらいはあった。それ以前は安定感のある走りを見せていたし、人気急落するようなら穴で狙っても〕

 


京都8
⑥ウォーターパルフェ
①サンライズクロンヌ

 

 

京都10
⑫ストロベリームーン
④シアーライン
⑯ロードエース
穴⑦タガノアム
危険人気馬ス⑥マートレイチェル

 

 

京都12
穴②レプランシュ
〔ダートを使ってのカンフル効果。得意舞台の少頭数。終わっている可能性はあるが、とりあえず条件は揃った〕

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

京都の勝負馬候補


テーマ:

今週はやりたいレースがほぼないとツイッターにてツイートした割にピック馬は多め。いつも言うようにピックしたからといって確実に買うわけではないのでご参考程度に。最近は妙に折り合いがついていて、買いたい買いたい病も治まっているので良い傾向。明日も厳選生絞りで着実に利益を出していきたいね。

 

 

 

東京2
⑥ショウナンタイヨウ
〔前走は出ムチまでくれて2番手を確保したものの、ハイペースの中、終始一番人気馬の大名マークを受ける形できつい展開。それ以前の成績からも型にはまらないと脆いところがあり大敗自体は気にならないし、忙しくなる中山よりも東京の方が合いそう。乗り代わりも○〕
⑪サクセスファイター
〔軸としての信頼度はショウナンより上かな〕

 

 

東京4
⑭オメガドーヴィル
〔母は未勝利、500万のダートを楽勝で連勝、地方重賞でも2着した活躍馬。本馬は400キロ前後の小柄な馬体なので芝を使われているが、血統背景からはダート志向の強い馬に適性のあるこの舞台は合うのではないか。アクアミラビリスの勝ったデビュー戦(6着)も、その後勝ち上がっている馬が多く対戦比較でも引けはとらないし、当時の軽い走りから舞台が東京に戻るのも好転〕
⑬ピュアヒカリ
〔一時リズムを崩してしまったが、昨夏から秋にかけていつ勝ってもおかしくない走りを見せていた。前走はダートで4着したので再びダートの目もあったはずだが、あえて芝に戻したということはやはり適性はこちらかと。叩き3戦目で再び軌道に乗ってきた今、この相手関係なら〕
⑯ラインコマンダー
〔この舞台は4度走って入着3回。グラナタスの2着したレース内容も良かったし(前記ピュアヒカリには先着)、ここで横典に変わってきたのも不気味な材料〕
穴③アマレーン
〔臨戦過程、枠○。この馬だけのために柴田未崎騎手が東上したのでその意欲も買いたい〕
危険人気馬⑰マーヴェラスクイン

 

 

東京5
穴⑥シンボリノワール
〔近3走のうち2戦はダート、前走は2000mのハイペースを先行追走して撃沈したもの。この舞台で行われたデビュー戦では福永騎手を配されたくらいだからそれなりに期待されていたはずだし、事実2位の上がり使っている。現状の未勝利上位馬が集結した感じのあるメンバー構成で楽ではないが、ヒモにはおさえたい一頭〕
穴⑩カフェシュヴァルツ
〔この舞台を中心に使われているが、2、3走前の内容は上々。未勝利で安定感のあるコスモエスパーダとも勝ったり負けたりしているし、展開と捌き次第では上位争いも〕

 

 

東京6
②フーズサイド
〔不器用なタイプだが、前走はハイペースも手伝って力でねじ伏せた格好。クラスが上がっても相手なりに動けそうなタイプだし、父の得意としたこの距離の方がより決め手もいきる〕
⑤ポートロイヤル
〔前走はかなり激しい展開となり、脚が溜まらずいつもの安定感がなかったが、それでも直線ズブズブになりそうなところから再び加速してみせたようにひとまず格好はつけた。中山で好走を続けていたが、前走で弱点を露呈した感じもあるし、むしろ広々としたコースで末脚を生かす形の方が良さそうな印象も受けた。2~3走前に上のクラスでも勝ち負けしている馬たちとも差のない勝負を演じているように地力は上〕

 

 

東京7
⑤メヌエット
〔決め手の甘いタイプだが、このクラスの安定勢力で2度走った東京ではいずれも3着とコース適性は高い。想定段階では京都、新潟にも名前があり、熟慮の末に選んだこのレースが最も脈ありと睨んだのだろう。戸崎騎手が空いていたのもラッキーで〕
⑯シャドウアイランド
〔能力的にはこのクラスにいてはいけない馬。メヌエットよりも能力は上。妙味も含めて序列は逆にしたが、無難にいくならこちらかと思う。枠にも恵まれ鞍上も強化で〕
穴⑧アオイテソーロ
〔母はウィキウィキ(マカヒキの母)という良血で本馬の兄弟もコンスタントに走っている。このクラスは一度勝っているし、まともならもう少しやれていい。稽古の動きは及第点だし、休み明けも比較的得意〕
穴⑫ホウオウサマンサ
〔OPで活躍したタニノエポレットの下で血統的下地はある。未勝利時代は端にもぼうにも掛かっていなかったが、地方から中央復帰後は格好はつけているし、前走で馬体を戻したことも良い方に出そう。大穴の類だが、臨戦自体は悪くなくおさえておきたい〕

 

 

東京9
⑪テイクザヘルム
〔デビュー戦で下したボマイェ、レッドサイオン、キープオンゴーインといったところが、その後強い勝ち方で未勝利を脱出しており、本馬にも価値を見出せる。さすがにOP挑戦の前走はキャリアの浅さを露呈したが、地元の自己条件に戻れば引けはとらないどころか上位扱いできる〕
④ベルキューティ
〔新馬時の走りから能力があることは分かっていたが、直線の長い左回りに変わって圧勝した前走でひと皮向けた印象。ロードカナロアは一頃のディープインパクト並みの安定感を見せており、昇級の順張りで狙っていける種牡馬〕
危険人気馬⑩ファナティック
〔力のある馬だが臨戦は微妙。前走も展開利はあった〕

 

 

東京10
⑥ダノンフォワード
〔オルフェーヴル産駒らしくアテにならないタイプだが、能力は高い。この舞台の3走前も逃げ先行馬総崩れの中、唯一先行して粘りこんでいるし、舞台適性は高い。煮詰まってきている感じがあったので間隔を空けられたのも好材料。ただし、明らかに人気先行タイプなので状況次第では買う気を失う〕
穴⑭スズカロング

 

 

東京12
⑥モアナ
〔馬柱からも分かる通りこの舞台では明らかに能力上位。3走前にこの舞台でレッドヴェイロンを苦しめたように舞台適性もぴったり。前走は道悪得意なグランドロワが強すぎたために終い苦しくなったが、それでも3着を死守したのは力のなせる業。不利さえなければ勝ち負け〕
⑧コスモヨハネ
〔地味だがこのクラスでも複数回馬券になっているように地力は高い。穴推奨して3着した2走前と同じ間隔での出走になるし、当時同様に臨戦過程は悪くない〕
②ピースユニヴァース
〔本来このクラスはいつ勝ってもおかしくない実力馬。前走は忙しかったがそれでも格好はつけているし、もともとベストとも思える舞台なら前進があっていい〕
穴⑬ハトホル
危険人気馬⑯アンリミット
〔正直前走時も危険視していて走られてしまい驚いたが、今回も臨戦過程は悪く改めて軽視したい〕

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

東京でおそらく買うのはこの馬


テーマ:

京都2
⑪ルノワール
〔脚質的に安定感はないが、前走はひと息入った後にしては稽古も緩め。今回は中一週ながら前回を明らかに上回る時計をマークしてきたし、スローになってもこの馬なら自ら動いても。乗り替わりもプラス〕

 

 

京都4
⑨サトノライジン
〔稽古の動きだけならなぜこの成績なのかといぶかしむほどの馬。この中間も格上馬を相手に抜群の動きを見せており、ひと息入った効果にも期待。全能力を出し切れば、断然人気のシルヴァーソニックを封じる力もあるとみているのだが…。ただ、一か八かのタイプなので人気だと買いにくい〕

 

 

京都6
⑥ミッキーバディーラ
〔シゲルピンクダイヤやクリノガウディーと差のない競馬をしていた馬で勝つのが遅すぎたほど。この手のタイプは昇級しても相手なりに動く。キャリアの浅い素質馬もいるが、軸としての信頼度はこちらが上。ただ、この頭数でレース自体にやりがいがなくなってしまったのは残念〕

 

 

京都7
穴⑨メイショウヴォルガ
〔D1400で2勝。前走は展開的にかなりきつい競馬だったが、今回はこの距離にしては先行馬が少なく、勝った時のようにハナを切れれば残り目も。ただし絞れていないと厳しそう〕
⑥アタミ
〔メイショウヴォルガが勝った時の2着馬が本馬。安定感があるので常に人気する割にほとんど来ない買い時の難しい馬だが、今回は得意距離に戻るし相手も楽。人気もそこまでかぶっていないので〕
⑤ショウナンアンビル
⑫アシャカリアン
穴④クリノクーニング
危険人気馬⑩セカンドエドート

 

 

京都10
⑩エアアルマス
〔OP級と言い続けていた馬がようやく前走で本領発揮。多少乗り難しさがあるので手替わりはマイナスだが、能力的にも臨戦的にもあっさり通過して欲しい〕
⑨ラセット
〔本馬も能力はかなり。稽古もいいし臨戦も悪くないし、ブリンカーにも期待〕
穴⑧シャルルマーニュ
①アシュリン
危険人気馬③メイショウオーパス
〔臨戦過程×〕
危険人気馬④エクレアスパークル
〔前走は上手に競馬したが気難しさもあり手替わりがどうか。本馬もエアアルマス同様にOP級と評価していた馬だが、今回は臨戦的にも微妙〕

 

 

京都12
②トンボイ
〔舞台も枠も絶好。差し追い込みが多く、先行のフナウタは外。スタートさえ決められれば〕
③タイセイブレーク
〔小倉の鬼だが、それだけに平坦京都は合うのでは。前走は内枠から位置を下げて4着までも展開を考えれば終いまで良く伸びている。今回も内で捌きがカギだが〕
⑮フナウタ
〔外枠は不利でもメンバー的に労せず先行できそうで。前走内容も○〕

 

 

 

新潟11
⑫コーカス
〔距離的には近2走の2000m以上より1800がベター。臨戦過程○〕
⑧アーデルワイゼ
〔勝ち鞍のあるこの舞台に向けて抜群の仕上げ〕
④フィールインラヴ
〔新潟向きとは思えぬが〕
危険人気馬⑩ルーモス
危険人気馬①スリーマキシマム

 

 

新潟12
穴⑦ロードバリスタ
〔3走前にこの舞台で波乱。当時も大敗後だったし、今回はダートからの臨戦というのもいい。稽古も動いている〕

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

京都、新潟もいないねぇ。

トンボイがいいと思ったけど一番人気では…

Ameba人気のブログ