馬券を極めて自由になりたい

馬券を極めて自由になりたい

中央競馬全レースの中から厳選狙い馬をピック。無駄なレースに手を出さない者が最後は勝つ!?


NEW !
テーマ:

さぁ予想の時間がやってきた!


先週は大敗したというのになぜか気分が晴れやかなのはこの陽気のせいだろうか(笑)

 

当たるにしろ外れるにしろ、予想タイムも馬券代に含まれていると思ったら楽しまな損だし、いっちょやったりますかという気分だよ。

 

 

ところで昨年の天皇賞の印は下記の通り

 

◎ シュヴァルグラン
〇 クリンチャー
▲ サトノクロニクル
☆ レインボーライン
△ ガンコ
△ アルバート
△ トーホウバジル

 

週中から検証を続け、穴馬の入る余地は少ないと結論を出した。

最終的には風水で抜群の共鳴を発揮していたレインボーラインを軸馬として指名したが、いずれにせよほぼズバッと的中だ。

 

昨年の記事

あまり今年に繋がる内容ではなかったのであえて読まなくていいです(笑)

 

 

 

波乱傾向の強いレースだが、この2年はやけに常識にかかっている。
それはキタサンブラックやシュヴァルグランといった信頼たる軸馬がいたということもあるが、それでも穴馬の一頭も紛れ込んでいないのは不思議なところ。

 

 1、2番人気が一緒に馬券になったのもこの2年だけなので、そもそもの傾向が変わったのか、それとも今年あたりはフィエールマン、エタリオウのいずれかが馬群に沈むのか興味深い。

 

古くはメジロマックイーンとトウカイテイオーの一騎打ちと思われながらテイオーが馬群に沈み、メジロブライトとシルクジャスティスも共に馬券に絡むことはなかった。1、2番人気というのは互いを意識するあまり、案外共存できないものなのだ。

 


今年のメンバーなら、デムルメの操る菊花賞1、2着馬が抜けていると思わなくもないが、とはいえ前述の通り人気馬同士の共存は難しいということも念頭に検証を進めたい。

 

 

いずれにしてもエタリオウの軸は堅いとみている。

菊花賞後に無理をせず、正規の前哨戦を叩いて臨む今回、出走しようと思えばできなくもなかった有馬記念を自重しての、ここが最大目標。長距離レースの馬作りにおいて友道厩舎の右に出る者もいない。

 

確かに勝ち味の遅さはあるが、負けて強しと思わせるレースが多く、その大半が少頭数のスローに嵌った形。

 

父もそうだったが、この手のタイプはレースの格式が上がれば上がるほど真価を発揮するものだが、これまでのところ、出走したレースはG1も含めて軒並みスロー。ダービーや菊花賞ですら前代未聞とも思えるスローに泣かされた格好。

 

さらに肝心な時に外枠に配置されることも多く、青葉賞やダービーなど不利な状況下からよくぞ僅差まで差を詰めたというものだ。

 

 

そんなわけで、これまでの敗戦はマイナス要因にはならないし、むしろ加点材料。というのも、今回はヴォージュにロードヴァンドール、メイショウテッコンらがそれなりのペースを成型してくれそうだから。

 

阪神大賞典を飛ばしすぎた反省から、今度は案外ペースが落ち着いてしまう懸念がなくはないが、横山典騎手はロードが溜め逃げしても持ち味が生きないことくらい分かっているのでそれはないだろう。

 

ようやくこの馬の真価を発揮できる舞台が整いました!という感じだ。2走ボケを心配するほど前走も走っていないし、崩れる要素は皆無。

 

あとは枠順が非常に大きなウェイトを占めるレースなので、この大一番でどこに配置されるか。今までの不遇をここで一気に晴らせるような好枠ゲットを願いたい。

 

 

 

一方、フィエールマンについては正直よく分からない。

AJCC以来の臨戦など以前では即消しローテだったのに、すでに常識はずれの前例があるので、むしろこの間隔がフィエールマンにとって合っているのでは?という気すらしてくる。

 

ただし、菊花賞はあきれるほどのスローで中距離資質の問われたレースとなったことは周知の通り。

 

頓挫明けだったとはいえ、AJCCではメートルダールあたりに詰め寄られたように、強い馬が勝つといわれる菊花賞馬でもまだその真偽のほどは謎。

 

さらに菊花賞と天皇賞はリンクしそうで意外とリンクしないことも多く、それはペースが大きく異なりそうな今年に関して当てはまるような気もする。

 

とにかくキャリアが浅すぎて未知な面の大きすぎる馬。それでいて2番人気以内は確実という本馬に全幅の信頼を置くのはどうだろう。

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

フィエールマンなら断然こっちを評価したいね


テーマ:

すんませんが遊び疲れて疲労困憊。福島の見解は省かせてもらいます。試験的に始めたnoteで気が向いたら、今朝のようにより詳しい見解を書くかもしれないけど未定。

 

アメブロはお手軽にブログを始める分にはいいんだけど、あまりメリットはないから他のに移ろうかなと考えているんだよね。だって、芸能人なら、「いまスムージー飲んでます」とかそんな適当な更新でも日に何度もアップすれば収入を得られるというし(笑)

 

ただ、noteを始めたからといって有料への布石とかではないのでご安心を(一部の方からそのようなお尋ねがあったので)。単にアメブロでは生じない広告収入とかアフィリエイト的なことができるブログツールがあるならそっちの方がいいじゃんといろいろ模索中。FXも始めようか模索中(あ、これは関係ないかw)

 

以前から言っているけど、もし有料予想を始めるにしても、自分が予想に専念できる状況下にあり、かつ自身が回収率100%を超えていなければ全く説得力がないなと。今は片手間でしか予想できな状況だし、去年の回収率も96%くらいだったし、そもそも有料予想ってメンタルがきつそう。

 

好き勝手に書いている現状ですら、あーあ、トンチンカンな見解を書いてしまったな…と凹むことがあるというのに。

 

 

ま、そんなわけで、noteも併用するかもしれないので良かったらどうぞ。フローラSはこれから精査するので明日アップするかも。

 

 

福島2
⑩トーセンバイオ
②シャンデリアムーン
⑪ライトアップゼア

 

 

福島5
②アクティーボミノル
⑧エンジェルカア
⑪ピンクブロッサム

 

 

福島10
穴②ファストライフ
穴④エリンズロマーネ

 

 

福島11
⑨アスカノオーロラ
⑧ビリーバー
③ピースユニヴァース
⑪シンデレラメイク
⑯フナウタ

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ


テーマ:

京都3
⑧ウォーターブレイク
〔2走前はハイペースを強気に乗りすぎ、前走はスローで消極的とチグハグ。4走前にはブールバールにも先着しているし、まともならもっとやれる馬。岡田騎手もずっとチャンスをもらっているのだからそろそろ結果が欲しい。この距離はデビュー戦で好走。行かせれば行ける前向きさもあるので短縮も悪くない〕
①ブールバール
〔前走は相手が悪かったが力は見せた。この枠でルメールならどん詰まりでもなければ崩れまい〕
穴⑤ルーナクオーレ
〔デビュー戦は騎手人気もあったとはいえ一番人気3着の馬が人気急落。これは厚く買いたい馬〕
穴②グレイスギャル
〔初戦はダートで度外視すれば、前走は牡馬相手に悪くない競馬。枠にも恵まれロスなく乗れれば〕
穴⑪ヘヴンリーウインド
〔戦績からも力はある馬。リフレッシュ効果に期待〕

 

 

京都4
穴⑥エピックガール
穴⑦ケイティグレース

 

 

京都9
①チャロネグロ
⑧アドマイヤアゼリ
穴②ブラックオニキス
〔条件でくすぶっているが、秋華賞6着馬でもう少しやれる馬。母父チーフベアハートは、マーブルチーフやマイネルキッツら京都の非根幹距離の重賞ウイナーを輩出。本馬も切れないタイプで合いそうな舞台〕
穴④ブラックジルベルト

穴⑥ショパン

 

 

京都10
⑫スズカガルチ
〔臨戦過程〇。勝ちっぷりよく相手なりに動けそう〕
穴⑩ビッグアイランド
〔前走はテンに34秒台で先行して失速。それでもその流れを楽に追走できていたように内容自体は良化傾向にある。準OPに入ってから結果は出ていないが、本来京都はベスト舞台。再びスピードを生かせるようなら〕
穴⑧メイプルブラザー

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

京都の勝負馬


テーマ:

午前中の未勝利は得意だとかいって惨敗したおっさんはどこのどいつだ~い?

 

私だよ!

 

っていうネタもすでに風化してきた今日この頃、やっぱり騎手は大事だなと痛感させられるね。

 

やられたレースはともかくとして、私は買わなかったけど、福島のリュニヴェールなんか2戦続けて不完全燃焼。どちらも買っていたら発狂レベル。普通は一度ミスしたら次はミスしないもんだけどねぇ。そこが一流と並の騎手の差か。

 

それにしても川田の鬼人のような働きはなんなんだ。もともと日本人No1と評価していたけど、もはや日本人の範疇を超えてるね。いま私の中で信頼できる騎手はルメ、川田、福永ってところだね。

 

信用できない騎手は…いっぱい(笑)

 

 

 

東京1
⑨ミユキダイヤモンド
〔稽古良好。臨戦過程良く前走内容も悪くない。前進必至〕
⑧メルキュール
穴①プッシーウィロー

 

 

東京2
穴③ロジフェーヴル
穴⑭テンノウザン

 

 

東京4
穴⑤ブレンフルール
〔この舞台の2戦の内容から近2走が能力による敗戦でないことは確か。B着用で前向きさが戻るようなら〕
⑪ビッグブルー
〔臨戦過程はいいのだが、頓挫明けで今週の稽古も微妙な分対抗に〕
穴⑮マカリカ

 

 

東京5
④トランスナショナル
⑭カンパーニャ
穴⑮コマノヴァンドール
穴⑧マヨルカフレイバー
穴⑬クリノイヴィンカ
※上位2頭は堅いとみる。

 

 

東京6
穴⑦スパンキーワールド
穴⑪セイヴァリアント

 

 

東京10
穴⑥ドリュウ
〔相手なりに動けるタイプだし、昇級でタフな競馬になった方が競馬はしやすそう。12戦連続上がり2位以内の脚力はダテではない〕

 

 

東京12
③フィスキオ
〔東京マイルでは強敵相手にも崩れていない。この枠がどうかも、乗りなれた戸崎騎手ならソツなく乗ってくれそう〕
⑯トレンドライン
穴⑧エピックアン
〔現級でも連対があるし、力は通用。近走は出遅れなどチグハグな競馬続きだが、3走前には一番人気になったくらいの馬だし、もう少しスムーズに走れれば〕
穴⑦マサキノテソーロ
〔崩れたのは前走だけで府中マイルでは堅実。ここは単騎が見込めそうで〕
穴⑮クリノフウジン

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

明日の東京勝負馬はこちら


テーマ:

最近どうしたら独立できるか考えているんだよ。

決して今の仕事に不満はなく、むしろギャロップなどもただで読めるし(そこかい)他の方に比べたらだいぶ恵まれている環境だとは思うんだけど、とはいえ現状は会社に依存している状況。

 

もし今の会社がなくなったら…もしクビになったら…と考えると、自分で稼げる仕組みを構築しておかないと思うわけですよ。現状でも副業で数万は得ているんだけど、数万じゃ生活は無理だし、そのほとんどが馬券代に消えているw

 

だからFXやら副業関係のセミナーに参加しては何かしらいいネタはないかと躍起になっているんだけど、いざとなるとそうは動けない。

だいたいその手のセミナーでは、「成功する人はすぐに行動に移せる人です!」とか言って煽るんだけど、とはいえねぇ。動いて成功する保障もなく…

 

まぁ、この慎重な性格のおかげで、27年身を滅ぼさずに競馬を続けていられているわけだし、あまりやばい副業やらに手を出すつもりはないけど、たまに突発的に動くところもあるから、この先は何が起こるかはわからない。

 

まl、その時はその時でブログのネタになるからいっかな~なんて思っている今日この頃、まずは明日勝ちたいやね(笑)

 

 

京都2
穴⑨エーティーキンセイ
穴⑭ブルベアベージュ

 


京都4
③スリーカナロアー
〔逃げ馬の大駆けにあった前走だが、この馬も好内容で素質の片鱗を見せた。休み明け好走後ではあるが、この中間もしっかり追われているし、そもそも力が違う感じ。馬体は絞れることが必須〕
⑯ボマイェ
〔もともと動く馬だが、この中間は前走の稽古よりワンランクアップ。大崩れは考えにくいし、当たりの柔らかな鞍上とも手が合いそう〕
⑬オメガダヴィンチ
※人気同士でつまらんピックですが、魅力の穴馬に乏しく…

 


京都5
⑫ラクローチェ
〔経験馬相手でもかなりの低レベルメンバー。すでに1勝級でもやれる動きを見せており、キャリアの差が露呈しなければ、いきなり勝負になっておかしくない〕
⑧レシプロケイト
〔前走は経験馬相手にセンスあるレース振り。楽なペースではない上に直線では早めに先頭に立たされる状況にありながら、残り100mまでは押し切るかという構え。使われた上積みは大きそうだし、立ち回りのうまさから京都2000mという舞台も合いそう〕
④アヴァターラ
〔前走は一番人気になるのも頷ける稽古内容だったがさっぱり。それでもこの中間の動きもいいし、厩舎的にも一変があっていい〕

 


京都6
穴⑦カネコメアサヒ

 


京都7
⑧ピエナミント
〔前走は臨戦的にもアウトだし、スタート時点でジ・エンド。この舞台だと再びスタートと脚質がネックとなってくるが、未勝利では強い勝ち方を見せているし、今回は臨戦も上々で〕
①ギンコイエレジー
〔毎回出遅れながらも素晴らしい末脚は駆使している。前走など次位より0.5秒速い上がりを使いながら4着だからどうしようもない。今回も展開次第では同じ状況も考えられるが、少頭数と鞍上強化で何とか。フィリーズRでも僅差5着したくらいで(OP馬アンヴァルとハナ差)本来このクラスは卒業しなければいけない馬〕
②メジェールスー
〔前走を見るとやはり芝がベター。スピードがあってこの舞台は合うし、名牝エイジアンウインズの子でまだ奥があると思うのだが。開幕週で先行できる点も強み〕
穴⑩レディギャング
⑤キャッチミーアップ

 


京都11
③レッドアンシェル
〔昨年は金杯で一番人気(3着)に支持されたほどの馬で、いまだに準OPにいるのが不思議なくらいだが、どうにも終いが甘く勝ち切れない。それだけに初の1200mでもこの方向転換は奏功しそうだし、掛かる面があるのでそういう意味でも良い。枠順がカギだったが、この枠なら直線詰まりさえしなければ抜け出せる〕
④エンゲルヘン
〔この舞台の適性が高く、今回も単騎は間違いないというメンバー構成。休み明けの昇級、さらに人気もするので妙味はないのだが、それでも評価を落とすことはできない〕
⑩イサチルホープ
穴⑨レーヴムーン
穴⑦ワンアフター
危険人気馬⑬ラベンダーヴァレイ、⑭ヤマカツグレース、②キアロスクーロ

 


京都12
⑤サザンブリーズ
〔前走は折り合いに苦慮しながらの追走で道中は位置取りを下げるシーンがありながら、追われてからはきっちり伸びての快勝。そういうタイプだけに外枠→内枠は悪くないし、クラスが上がった方が競馬もしやすそう〕
⑪マイネルカイノン
〔前走は臨戦過程が良くなかったし、積極策も裏目。強い勝ち馬エルリストンのマークにあったのも誤算だったか。それ以前の戦績からクラス上位は間違いないし、3戦連続2着も京都。差す形なら普通に巻き返してきそうだが〕
⑯ナムラヘラクレス
〔前走は反動もあったろうし、ハイペースの逃げもきつかった。現級勝ちに加え何度もクラス上位を賑わしているし、ここは逃げられない公算が大きいが番手から勝ったこともあるので〕

 

 

 

福島8
⑫ハウナニ
③リュニヴェール


福島11
◎⑥フローレスマジック
○③ランドネ
▲⑩ダノングレース
穴⑨ミッシングリンク
穴④カワキタエンカ
穴⑦ペルソナリテ

※週中は面白いと見ていたウインファビラスは、緩い最終追い切りを見る限り、ダービー卿を除外された誤算がありそうで

 

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

無難にこの馬から勝負!

 

いつもポチッとありがとう。今はこれだけがモチベとなってるよ。

Ameba人気のブログ