今はからっぽのsleep

テーマ:


放置しすぎてたから、なんとなく手直し。

ライブ行ったのまとめてたら、去年と一昨年のライブ納めがBerryzだったことに気づいた。
楽しかったなあ。

踊りたくなるライブはベリくらい。
ハロー全般リズムが気持ち良いけど、体が動きたくなるのはベリくらいだったな…
楽しいライブをする人達を探したい。



カエラさんのライブは、いろいろ考えすぎて楽しいとかじゃない。
曲は楽しいのもあるし、身体が揺れたくなるライブではあるけど、
頭の中でそのステージ上の人が何を思ってそこに立ってるのかがどうしても気になってしまって
無心に楽しめない。


踊るアホになれる、ただのバカじゃないBerryz工房のライブが恋しいです。


Perfume Clips

テーマ:

関さんのインタビューをナタリーで読んでみたら面白かったから買ってみた。

画質がBDに合わせてなくて残念。
鮮明だったのは最後のチョコディスのHistorical live versionくらい。


感想書こうかと思いましたが、とっ散らかりすぎるからやめ。

視点が広がりすぎてまとまらない。

最初から現在まで、一貫性が保たれてるのがすごいな。
ヴィジュアル面での3人のキャラ付けはまだ続いてるのかと。


最近、女の子の種類について考えてて、
グループとして作られている彼女達の女の子としての像はなんだろうと考えたら、
すばりズルい女だな。

モテを意識してたりセレブに憧れてるような、強い男に守ってもらいたがりな女子方面の赤文字系ではなく、

ガーリーだったりボーイッシュだったり好きにしてるような青文字系でもなく、

コンサバ系寄りで、ちょっとおちゃめで、スタイリッシュでオシャレでもあり、
オープンに楽しそうにして、幅広く人を寄せ付けるような雰囲気を作ってる。

わかってますなぁ。スタッフさんがすごいのか彼女達がすごいのか。
両方でしょうけど。

ミキコ先生の男女に対する価値観とか聞いてみたいなと思う。


幸せの形を探す

テーマ:
友/モーニング娘。


人の幸せ、アイドルの幸せってなんだろうなと、性懲りも無く考えてます。

なぜ自分の幸せについて本気出して考えられないんだろうか。←
ハロプロ見てれば幸せだと思ってしまうからかな。
ハロプロには沢山の人を救う力があると思ってしまってるからかな。

夢を作り上げる側に行きたい者として思考回路がまだ未熟すぎて辛い。


思い出を更新したい

テーマ:


「初恋を最後の恋として 一生あなたのこと 愛したい」
♪あなたなしでは生きてゆけない/Berryz工房

すんごい幻想だなって思う。すごく好き。←


年末年始の休みを、フルで実家で過ごしてきました。

家中の家電が新しくなっててビビって、
ほんとに私は姉が嫌いだということを思い出しつつ更に嫌い度が上書きされ、
踊り場にあった壁中の漫画が全部売っぱらわれてたことにショックを受け、
懐かしい友達といろんな話をして、
そうか、そんな歳なのかと改めて思い知らされた帰省でした。


熊本城が案外好きだなと気づいて不思議な気分。

お城お祭りにしぶしぶ行ったこととか、
お堀の広場でキャッチボールしたこととか、
近くのプールによく行ってたこととか、
小さい頃から案外あの辺行ってたんだなとふと気づいて、
ふるさとってこんな感じかーと、ようやくしっくりきた気がした。

自分にとって熊本は、思い出の場所であって、育てられた所であって、
思い出を更新する場ではないな、生きていく土地ではないんだなって、
なんとなく思った。


会いたかった友達とか、相変わらずな友達とか、
同級生って良いものだなって思えることは幸せだなと思いました。


今年も一年、いろいろ頑張ろう!


「終わりは始まり」

テーマ:



愛ってなんだろうなぁ。って昨日の夜から考えてる。















































「無性に与えること、見返りを求めないこと、
 自分のことではなく相手のことを思うことだ、」
って言う人がいた。

でも自分は、見返りを求めない境地には立てないなぁって思った。
一緒にいたいとか、何を見て何を思うのか知りたいとか、
力になりたいとか、理解できないことは理解できるまで教えて欲しいとか思うし。

そもそも、自分が大切にしたい存在に何かを与えられる自信がないし。

「相手に何かを与えられている、と思うこと自体間違ってて、
 みんなそんな自信はないものなんじゃないか。
 それでもそばに居て、「信じてるよ」って言ってくれる存在は嬉しくない?」
って言う人もいた。

それはとても素敵なことだなって思ったけど、
今の自分は、そんなふうに包み込めるほどに身近に居る誰かを深く知れてないし
知ろうともしてなかったなっていうことに気づいた。

人にどこまで踏み込んでいいのか、大人の社会の中だとよくわからないし。
上っ面しか見えない、当たり障りのない人付き合いって無難でしかないんだなぁ。

踏み込んで来てくれる人がいたとしたらそれはとても、良いきっかけになるんだろうな。


人を信じること、疑おうとも思わないことって、
大人になるほど、人それぞれの歴史を重ねているほど難しくなることなんだなぁー。