グルっぽのメンバー増えてきました!
まだまだメンバー募集しています
入ってくれる人いたら嬉しいです

 

 

 

香港国際競走【香港C(香港カップ)・香港マイル・香港スプリント・香港ヴァーズ シャンティン競馬場】の出馬表

 

 

 

有力馬分析

カペラS(カペラステークス)

中日新聞杯

 

 

 

回顧

チャンピオンズC(チャンピオンズカップ)

ステイヤーズS(ステイヤーズステークス)

チャレンジC(チャレンジカップ)

クイーン賞【船橋地方交流重賞G3】

 

 

 

アルテミスSファンタジーS札幌2歳S

穴馬分析【前走1600mの新馬戦1番人気1着馬は(1,1,2,1)】

 

 

 

ロックディスタウン 父オルフェーヴル 母父StormCat 母母父マイニング 前走:札幌2歳S1着

前走札幌2歳S出走馬は

 

13年5人気1着レッドリヴェール8番手←函館2人気1着8→4番手・ステイゴールド
10年3人気4着アヴェンチュラ15番手←2人気2着8番手・ジャングルポケット
07年15人気12着ヤマカツオーキッド3番手←4人気10着4角3番手・ダンスインザダーク

前走札幌2歳S出走馬は過去10年で3頭出走して5番人気1着、3番人気4着、15番人気12着
掲示板を確保した2頭は前走連対していた2頭、2頭とも翌年の牝馬クラシックで連対していることを考えれば遜色ない実力馬だが10年アヴェンチュラは人気を裏切った、当日3角15番手と位置取りが悪くして人気を裏切ったが13年レッドリヴェールが前走4角4番手で当日3角8番手、当日の位置取り次第か活性化されていたのがよかったのか…

ロックディスタウンは札幌2歳Sで3角6番手4角4番手と活性化の要件は満たしている、父はC系のステイゴールドの子オルフェーヴルで休み明けにいきなりのG1っていうのも問題ないと思う、嫌う理由がない

ベルーガは調教後に左第3足根骨板状骨折が判明、休養期間は未定
ベルーガ 父キンシャサノキセキ 母父Kris.S 母母父Nureyev 前走:ファンタジーS1着

前走ファタンジーS連対馬は

 

16年10人気13着ショーウェイ2番手←12人気2着1番手・メイショウボーラー
15年5人気9着キャンディバローズ4番手←5人気1着12頭立て3番手・ディープインパクト
15年12人気14着メジェルダ2番手←6人気2着1番手・ディープインパクト
14年6人気13着ダノングラシアス12番手←1人気2着8番手・マンハッタンカフェ
14年9人気14着クールホタルビ7番手←14人気1着3番手・マツリダゴッホ
13年10人気8着モズハツコイ11番手←7人気2着10→8番手・クロフネ
12年5人気1着ローブティサージュ10→8番手←4人気1着8番手・ウォーエンブレム
12年3人気17着サウンドリアーナ6番手←2人気1着2番手・ケイムホーム
11年8人気2着アイムユアーズ4番手←8人気1着9番手・ファルブラヴ
11年10人気5着アンチュラス9→7番手←4人気2着3番手・ディープインパクト
10年7人気12着マルモセーラ2番手←4人気1着3番手・クロフネ
09年6人気3着ベストクルーズ11番手←5人気2着5番手・クロフネ
09年3人気6着タガノエリザベート18番手←8人気1着16番手・スペシャルウィーク
08年8人気5着イナズマアマリリス11番手←13人気1着3番手・スエヒロコマンダー
08年5人気12着ワンカラット5番手←5人気2着9番手・ファルブラヴ
07年2人気3着エイアットビップ10→8番手←1人気2着1番手・アグネスデジタル
07年1人気4着オディール6→2番手←4人気1着3番手・クロフネ

前走ファンタジーS連対馬は過去10年で17頭出走して(1,1,2,13)、7頭が掲示板を確保、人気より着順がよかったのは6頭、相性はよくない
複勝圏を確保した4頭の内連対馬2頭含む3頭は前走3角5~9番手以内でレースをしていた、流れの中でレースをしていた方が無難、前走3角5~9番手馬は5頭いて(1,1,1,2)、着外2頭は14年6番人気13着ダノングラシアス、08年5番人気12着ワンカラット、人気より着順が悪かったのもこの2頭のみ

ラッキーライラック 父オルフェーヴル 母父FlowerAlley 母母父SeattleSlew 前走:アルテミスS1着

前走アルテミスS連対馬は

 

16年2人気2着リスグラシュー15番手←1人気1着6番手・ハーツクライ
15年1人気1着メジャーエンブレム2番手←1人気2着1番手・ダイワメジャー
15年2人気7着デンコウアンジュ4番手←12人気1着12番手・メイショウサムソン
14年2人気2着レッツゴードンキ9番手←1人気2着9番手・キングカメハメハ
14年4人気3着ココロノアイ9番手←9人気1着3番手・ステイゴールド
13年4人気5着マーブルカテドラル8番手←2人気1着9番手・ダイワメジャー
12年1人気4着コレクターアイテム10→13番手←1人気1着10番手・ハーツクライ
12年4人気7着アユサン15→11番手←4人気2着16番手・ディープインパクト

前走アルテミスS連対馬は過去10年で8頭出走して(1,2,1,4)、6頭が掲示板を確保、人気より着順がよかったのは1頭のみ、安定感があるが出走馬8頭の内5頭が翌年以降にマイルG1で連対していることを考慮すれば物足りない
前走3角9(7)番手以降馬は5頭いて(0,1,0,4)、3頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは4頭、活性化に不安がない方が無難、連対した14年レッツゴードンキは前走が1番人気2着と人気を裏切っていた
前走3角6番手以内馬は3頭いて(1,1,1,0)、人気より着順が悪かった馬は1頭もいない、勝ち切ったメジャーエンブレムは当日3角2番手でレースをしていたが前走は1番人気を裏切って2着、複勝圏を確保した他2頭は当日3角9番手以降でレースをしていた
前走1番人気以内馬は4頭いて(1,2,0,1)、着外1頭は1番人気4着、人気より着順が悪かったのは1頭のみ

ラッキーライラックは前走は3角4番手でレースをしていて活性化に不安はない、2走前が8月の新馬戦と同距離臨戦のストレスも鮮度でカバーできている

マウレア 父ディープインパクト 母父StormCat 母母父Affirmed 前走:東京赤松賞(1600m)1着

前走1600mの500万下1着馬は

 

16年14人気6着ゴールドケープ3番手←京都白菊賞重9人気1着11頭立て4番手・ワークフォース
15年7人気8着クロコスミア10→6番手←東京赤松賞1人気1着3番手・ステイゴールド
15年6人気9着アドマイヤリード12番手←京都白菊賞5人気1着10頭立て7番手・ステイゴールド
15年8人気13着クードラパン6→3番手←中山サフラン賞1人気1着12頭立て3番手・ダイワメジャー
13年6人気6着マジックタイム11番手←新潟きんもくせい特別1人気1着11頭立て10番手・ハーツクライ
13年3人気9着レーヴデトワール11番手←京都白菊賞2人気1着15番手・ゼンノロブロイ
12年8人気9着ディアマイベイビー3番手←京都白菊賞3人気1着8頭立て1番手・ディープインパクト
11年9人気10着トーセンベニザクラ12番手←東京赤松賞8人気1着14番手・ダイワメジャ-
11年3人気15着ラシンティランテ1番手←京都白菊賞3人気1着8番手・アグネスタキオン
10年2人気9着ダンスファンタジア10→7番手←東京赤松賞1人気1着13頭立て3番手・ファルブラヴ
09年2人気1着アパパネ10番手←東京赤松賞3人気1着8番手・キングカメハメハ
08年3人気2着ダノンベルベール11→6番手←東京赤松賞1人気1着11頭立て8番手・アグネスタキオン
07年7人気6着レジネッタ3→5番手←京都8人気1着9頭立て3番手・フレンチデピュティ
07年12人気7着カレイジャスミン7→5番手←東京赤松賞2人気1着11頭立て4番手・タヤスツヨシ

前走1600mの500万下1着馬は過去10年で14頭出走して(1,1,0,12)、5頭が6着以内、人気より着順がよかったのは5頭、阪神JFが外回りコースで開催されるようになってから率が落ちた、相性はイマイチ
連対した2頭は前走3番人気以内で0.2秒以上圧勝、当日は3番人気以内、前走は3角8番手で当日3角10番手以降でレースをしていた
前走3番人気以内馬で当日5番人気以内馬は5頭いて(1,1,0,3)、着外3頭は9,15,9着、人気より着順がよかったのは2頭
前走0.2秒差以上つけていた馬(アドマイヤリード・クロコスミア・ラシンティランテ・ダンスファンタジア・アパパネ・ダノンベルベール・カレイジャスミン)は7頭いて(1,1,0,5)、人気より着順がよかったのは3頭

マウレアは前走はタイム差なしの1着、上がりも他の馬に若干劣っていて現状ではアパパネやダノンベルベールほど抜けた馬ではなさそう


アマルフィコーストは気性難で中間調教できず出走を断念、放牧に出すことになった、次走はフィリーズレデューを予定

アマルフィコースト 父ダイワメジャー 母父HighChaparral 母母父GreenDesert 前走:ファンタジーS3着

前走ファンタジーS3着以下馬は

 

16年13人気12着ブラックオニキス9番手←4人気8着12頭立て5番手・ブラックタイド
16年12人気15着クインズサリナ9番手←7人気4着12頭立て11番手・ダノンシャンティ
15年3人気3着ブランボヌール8→10番手←1人気3着12頭立て3番手・ディープインパクト
15年11人気12着メイショウスイヅキ16番手←2人気6着12頭立て9番手・パイロ
15年18人気18着キリシマオジョウ1番手←8人気10着12頭立て5番手・スクワートルスクワート
14年7人気7着レオパルディナ9番手←2人気6着14頭立て11→9番手・スニッツェル
14年15人気11着ダイワプロパー15番手←4人気11着10番手・ダイワメジャー
14年16人気16着エフェクト5→2番手←11人気4着5番手・スクワートルスクワート
13年9人気10着グランシェリー14番手←5人気6着6→4番手・アルデバランⅡ
13年17人気13着スイートガーデン3番手←16人気18着6番手・ブラックタイド
13年13人気18着メイショウアサツユ5番手←9人気12着15番手・タイキシャトル
12年6人気6着プリンセスジャック9→11番手←1人気4着9番手・ダイワメジャー
12年12人気13着タガノミューチャン1番手←6人気5着6番手・ハーツクライ
12年13人気15着ストークアンドレイ3番手←5人気10着14頭立て11番手・クロフネ
11年6人気11着ファインチョイス2番手←1人気3着6番手・アドマイヤムーン
11年17人気17着レディーメグネイト7番手←7人気10着1番手・ファスリエフ
11年11人気18着エイシンキンチェム4番手←2人気7着12番手・フジキセキ
10年4人気2着ホエールキャプチャ5→9番手←5人気3着17番手・クロフネ
10年11人気5着ツルマルワンピース5→3番手←3人気6着5番手・キングカメハメハ
10年6人気6着マイネイサベル3番手←2人気9着11番手・テレグノシス
10年18人気14着オースミマイカ13番手←12人気12着11番手・ディープインパクト
09年4人気4着ラナンキュラス9番手←1人気4着3番手・スペシャルウィーク
09年9人気7着ステラリード8番手←2人気6着9番手・スペシャルウィーク
08年7人気11着ルシュクル2番手←8人気5着9→11番手・サクラバクシンオー
08年16人気18着コウエイハート4番手←7人気7着1番手・バブルガムフォロー
07年6人気15着エイシンパンサー1番手←2人気3着7番手・コロナドズクエスト

前走ファンタジーS3着以下馬は過去10年で26頭出走して(0,1,1,24)、6頭が6着以内、人気より着順がよかったのは7頭、相性はかなり悪い
複勝圏を確保した2頭は前走5番人気以内で3着、当日は4番人気以内だった2頭、前走5番人気以内馬は16頭いて(0,1,1,14)、6頭が6着以内、人気より着順が悪かったのは6頭、内当日一桁人気馬は10頭いて(0,1,1,8)、5頭が6着以内、人気より着順が悪かったのは3頭
前走5着以内馬は10頭いて(0,1,1,8)、4頭が6着以内、人気より着順が悪かったのは5頭、複勝圏を確保した2頭は2走前に牡馬相手にOP以上のクラスで4角4番手以内で1着、前走が17番手と3番手と極端な脚質で当日は前者は3角8番手4角10番手と位置取りを下げて、後者は前走3角5番手4角9番手と位置取りを上げていた、また2頭とも新馬戦または未勝利戦で函館1200mを勝ち上がっていた

1週前本命はアマルフィコーストでしたが回避予定、次点はリリーノーブル

AD