プロフィール | 免疫ブログりん〜病院やめたら膠原病が治りました!〜

免疫ブログりん〜病院やめたら膠原病が治りました!〜

元女子プロレスラー、引退後マッサージ師免許取得
平成15年に膠原病の全身性エリテマトーデスを発症するが
病院、薬をいっさいやめ温灸治療と食事の改善、思考の転換で病気を克服
現在は治療師として治療院を開業中、死んだ気になりゃなんでも出来る!

こんにちは、まみりんのブログにおいでくださりありがとうございますキラキラ
 
私は17才の時に甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)と診断されて以来、
 
(その間17年あきますが)
膠原病の全身性エリテマトーデス
間質性肺炎
強皮症
混合性結合組織病
甲状腺機能低下症
シェーグレン症候群
レイノー症
指先の壊疽
卵巣奇形腫
死産
気管支喘息
ループス腎炎、
肺アスペルギルス
肺気胸
肺膿瘍(最新)
 
など実に様々な病気を経験してきましたガーン
 
40才を過ぎた頃には処方される薬が10種類を超え、
 
それでも
 
『治りませんよ』
 
という医師の言葉に幻滅し、
遂に病院へ行くことも薬を飲むこともやめてしまいました。
 
そして食事の改善に取り組み始め、正しい姿勢と呼吸を日々心がけ、
小さなことに惑わされず、好きな犬と毎日楽しく過ごしているうちに体調がどんどんよくなりましたウインク
 
でも人生そんなに甘くはなく、
47才の時に肺に穴が開く肺気胸で入院してしまいましたガーン
それがきっかけで病院へ再び通うことになりましたが
定期健診を兼ねた経過観察のみで処方薬はありませんでした。
 
山あり谷ありの人生でしたが肺気胸から半年後、
なぜか膠原病の活動性を示す抗体の数値が基準以下となり、
さらに半年後には肺のカビ(アスペルギルス)がほとんど消えてしまいました流れ星
 
 
え!膠原病が治った!?
 
うそ!カビが消えただと!!
 
 
私が一番驚きました。
 
だって、治らないって言ったじゃーん
 
治るなんてこれっぽっちも思ってなかったよ~
 
正直こんな気持ちでした。
 
 
34才で膠原病の全身性エリテマトーデスと診断される前は女子プロレスラーで
元気一杯な時期もありました・・というより体力を過信しすぎていたから病気になったのかな?アセアセ
 
現在はプロレスと上記の病気の経験からほとんどの場所の痛みを知っている、
というのが強みの治療師をやっています。
私自身が病気の時に大変お世話になった温灸治療を
次は人様に施したいと思い治療を続けています。
私にとっては温灸の師匠がいなければ乗り越えられなかったこともたくさんありました。
 
そして2017年からは
NKG(難病克服ガールズ)として
自身の経験をもとに難病は治るんだよ!
いや、自分で治すんだよ!
ということを1人でも多くの方々に伝える活動をしています。
ガールズ?え、どこどこ?という突込みは固く禁じられております(笑)
 
 
 難病克服ガールズって誰?何をしてる人たちなの?という方はコチラをクリック
 
 下矢印    下矢印
 
 
 
 
難病は治らないという常識をひっくり返そうルンルン
 
 
以上、2019年現在のまみりんのプロフィールでしたニコニコ
 
 
 
音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符音符