ローガン・ラッキー | 群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

 

【ストーリー】

ジミー・ローガンは不自由な脚を理由に仕事をクビになり、可愛い娘は離婚した妻にとられ、娘との連絡手段の携帯電話の料金も滞納中。
そんな人生どん底の彼は、イラク戦争で左腕を失う不運に見舞われた弟のクライド・ローガンとともに、全米最大級のレースサーキットでの現金強奪計画を企てる。
計画を成功させるため、兄弟が仲間に引き入れたのは、ローガン一家の中で唯一不幸に見舞われていない妹のメリー・ローガンと、伝説の爆弾師で現在服役中のジョー・バング。
人生負けっぱなしの彼らは一攫千金を手にして一発逆転できるのか?!(Amazon HPより)

 

面白かったですね。さすが「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督作品ですね。ただ、オーシャンズがひたすらスタイリッシュなのに比べると、本作品はあくまで泥臭い雰囲気があふれていますが、最後の展開含めて伏線回収も楽しく、ストーリーとしての完成度の高さを感じます。現在のアメリカ社会を象徴するような主人公の姿が印象的ですし、意外にも家族愛を感じる場面などもあって、見ごたえがありました。

出ている役者さんも結構豪華なのですが、興行成績としてはそこまで振るわなかったようです。

とはいえ、これはおすすめの映画ではないでしょうか。結構楽しめました。

 

【個人評価】 ☆☆☆☆★  (4つ、4.5くらいかな・・)