ダラス・バイヤーズクラブ | 群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

 

【ストーリー】

1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、
自身が忌み嫌う同性愛者の病気と思われていたHIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。
アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国への密輸を試みる。
偶然出会ったトランスジェンダーでエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レト)と一緒に、
会費を募り国内未承認の薬を無料で配る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが・・・。(Amazon HPより)

 

以前より観てみたかった作品です。

久しぶりに素晴らしい作品だなと、どっぷり見入ってしまいました。

特に主演のマシュー・マコノヒーとレイヨン役のジャレッド・レトの演技は素晴らしく、第86回アカデミー賞の主演・助演W受賞も納得です。

80年代アメリカでまだまだエイズに対する偏見や治療薬の不足した時代での実話をもとにしたお話です。やはり医療者としての目線でも観てしまいますね。

診療にあたる医師イブにも共感するところがありいろいろと考えされられました。

主演助演の二人はそれぞれ21kg、14kgの減量を行って撮影に臨んだそうですが、鬼気迫る演技には本当に脱帽です。

 

【個人評価】 ☆☆☆☆☆ (5つ)

 

元医会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ