2001年宇宙の旅 | 群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

 

【ストーリー】

アーサー・C・クラーク原作、スタンリー・キューブリック監督によるSF映画の金字塔。謎の石版“モノリス”と知的生命体の接触を、圧倒的な独創性と緻密な特殊効果で描く。(Amazon HPより)

 

言わずと知れたSF映画の金字塔です。

とは言えお恥ずかしながら初見になります。

4K UHDで発売されたので気になっていたんですね。

今回米国Amazonで購入してみました。

米国アマゾンだとだいたい25ドルくらいで、1ドル110円として2,750円、送料もありますが、それでも国内版がアマゾンで4,500円ほどだから、まあまあお得ですね。

もちろん日本語字幕も問題なしでした。

 

さて、画像なのですが、50年前とは思えないほどのきれいな映像でびっくりしました。

また今でこそCGの技術も発達していますが、宇宙空間の表現などもよくできていますし、関心です。

この年代で既にAIという概念と、コンピュータの暴走を描いていたのにも驚きました。

最後のパートについては、初見で十分に理解するまで至りませんでしたが、引き込まれるものがありますね。これだけ評価されているのもうなずける気がします。

何度か見返してみたいものですね。

 

【個人評価】 ☆☆☆☆★ (4つ)

          ・・・自分の理解がまだ追いつかないからかなびっくり

 

 

元医会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス