ブレードランナー 2049 | 群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

 

【ストーリー】

2049年、LA市警のブレードランナー“K"(ライアン・ゴズリング)はある事件の捜査中に、人間と人造人間《レプリカント》の社会を、そして自らのアイデンティティを崩壊させかねないある事実を知る。
Kがたどり着いた、その謎を暴く鍵となる男とは、かつて優秀なブレードランナーとして活躍し、30年間行方不明になっていたデッカード(ハリソン・フォード)だった。
デッカードが命を懸けて守り続けてきた秘密---世界の秩序を崩壊させ、人類存亡にかかわる<真実>がいま明かされようとしている。(Amazon HPより)

 

さて、言わずと知れたSFの金字塔「ブレードランナー」の続編です。

元のブレードランナー(1982年公開)の設定が2019年なんですね。

他の作品でもありましたが、未来としての設定年に現実が追い付いてしまうという奇妙な感覚です。

今回はさらに30年後の2049年の世界が描かれています。続編としてのプレッシャーはあったかと思いますが、非常にうまくまとめられていたのではないかと思いましたね。特に主人公Kを演じたライアン・ゴズリングの好演が光りました。

機器の環境の問題で、まだUHDディスク再生ができないためブルーレイでの視聴でしたが、それでも映像はきれいで、すごく引き込まれる感じです。

何回か見直してみたいなと思わせる作品で、UHD視聴環境が整ったら旧作から見直そうかなとも思っていますニヤリ

 

【個人評価】 ☆☆☆☆★  (4つ)

元医会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス