ドリーム | 群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

 

【ストーリー】

1961年、アメリカはソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。NASAのラングレー研究所には、ロケットの打ち上げに欠かせない“計算”を行う優秀な黒人女性たちのグループがあった。そのひとり、天才的な数学者キャサリンは宇宙特別研究本部のメンバーに配属されるが、そこは白人男性ばかりの職場で劣悪な環境だった。仲の良い同僚で、管理職への昇進を願うドロシー、エンジニアを目指すメアリーも、理不尽な障害にキャリアアップを阻まれていた。それでも仕事と家庭を両立させ夢を追い続けた3人は、国家的な一大プロジェクトに貢献するため自らの手で新たな扉を開いていくのだった……。(Amazon HPより)

 

面白かったですね。もともと宇宙計画に絡んだ作品は結構好きで、「アポロ13」や「ライトスタッフ」も好きな作品です。

実際にはマーキュリー計画なので、ライトスタッフと時期が重なることになります。この作品は宇宙計画としてのストーリーとともに当時の人種差別について詳細に描かれており、ただ単に宇宙計画に携わっただけでなく人種差別とも戦った3人の女性の姿に感動しました。3人ともいい役者さんですね。ストーリー展開のテンポがよく、3者3様でとても個性的なのですが、よくまとまっていました。脇を固めるリチャード・ギア、渋くてかっこよかったですね、流石です。観終えた後の満足感が高いですね。よかったです。

公開当時「ドリーム 私たちのアポロ計画」の邦題が批判を受けて「ドリーム」に変更になったのは余分でしたね。配給会社の考えはよくわかりませんが、誤解を招く表現は、、ね・・。マーキュリー計画であることは知っていてアポロ計画とつけたという話もありますが、それもいただけませんねぇ。邦題は今一つなことも多いですが、原題ままでは日本人になじみにくいこともあるので、配給会社の苦労もわからないでもないですけどねキョロキョロ

題名ともかく、内容はホントにお勧めです。

 

【個人評価】☆☆☆☆☆ (5つ)パチパチぱちぱち

元医会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス