ダンケルク | 群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

 

【ストーリー】

ダンケルクの海岸に追い詰められた何十万人もの英仏連合軍に敵の軍勢が迫りつつある状況の下、物語は陸・海・空を舞台に展開される。
海峡上空ではイギリス空軍(RAF)のスピットファイアが敵機を迎え撃ち、地上の無防備な兵士たちを守るために空中戦を繰り広げる。
そして海上では軍人ばかりか民間人も小型船に乗り込み、一人でも多くの味方の命を救うため、時間との戦いの中で危険をも顧みず、決死の救出作戦を決行する。(Amazon HPより)

 

4KUHDで観ようと購入したソフトの1つです。が、諸事情あってプレーヤー購入がまだなため、ここ最近ブルーレイで観てしまっていますね。

さて、本作品ですが、ドイツ軍に追われて撤退するまさにその撤退作戦を描いた作品で、こんな切り口の映画もあるのだな、と思いみていました。クリストファー・ノーランがどのように描写するのか気になっていましたが、まずまずといったところでしょうか。

内容からはかなり大規模な作戦(40万人近い兵の撤退作戦)である割には、その規模があまり感じられないところはあります。ストーリー展開もそこまで引き込まれる感じではありませんでした。ちょっと期待しすぎていたかもしれません。

戦闘機の描写は良かったです。

 

【個人評価】 ☆☆☆★★ (3つ)

元医会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス