群馬大学泌尿器科 '元'医会長野村昌史のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

昨日ラシーネ アニバーサリーコート(新前橋の旧厚生年金会館ですね)で研究会がありました。


ファイザー製薬主催の会で、

フェソテロジン(トビエース)に関するものでした。


一般公演では、

群馬大学の新田先生から

「フェソテロジンにかける期待」

と題して発表がありました。


そして、特別公演は、

信州大学泌尿器科准教授の石塚修先生でした。


群馬大学泌尿器科 '元'医会長野村昌史のブログ

「泌尿器科における最新の話題

~新規過活動膀胱治療薬とda Vinci Surgical System~」

の題で講演していただきました。



群馬大学泌尿器科 '元'医会長野村昌史のブログ

トビエースがらみの話はもちろん参考になりましたが、

やはりダヴィンチの導入のお話は大変参考になりました。


準備する書類等、事務的な部分の大変さもお話にありました。

また会の後のお話で、手術記録など、実際の手術はもちろん、その周辺の大変さについてのお話がうかがえたので非常に参考になりました。

群馬大学でダヴィンチが導入されるのは今年度末になります。

しっかり準備していきたいなと思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
レ・ミゼラブル 〈ブルーレイ・コレクターズBOX(5枚組) [Blu-ray]/ヒュー・ジャックマン,ラッセル・クロウ,アン・ハサウェイ
¥8,190
Amazon.co.jp

【ストーリー】
ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間服役した後、仮出獄するが、生活に行き詰まり、再び盗みを働いてしまう。
その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れた彼は、身も心も生まれ変わろうと決意し、過去を捨て、市長となるまでの人物になった。
そんな折、不思議な運命の糸で結ばれた女性ファンテーヌと出会い、彼女から愛娘コゼットの未来を託されたバルジャンは、ジャベールの追跡をかわしてパリに逃亡。
彼女に限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。
しかし、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。
誰もが激動の波に呑まれていく…

うーん、よかったです。

今回かなり期待していた作品でした。

恥ずかしながら、内容はうっすらとしか知らない状況でしたが、それほど理解が困難とまではいきませんでした。

全編撮影しながらの歌の収録であったのは驚きですし、その分伝わる感動もひとしおです。


ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイの歌唱力には驚きました。

演技もそうですが、底力を見せつけられた感じです。

他の出演者も当然歌唱力のオーディションありきで選ばれているでしょうから、全編の楽曲はとても聴きごたえがあります。

オペラもいいもんですねとしみじみ思いました。


今回サウンドトラックも欲しかったのでこのボックスセットを購入しましたが、これについては歌詞カード、対訳がついていないという状況泣

この間の大脱走のセットが充実していただけに、やや残念です。

ブックレットもなんか今一つなんですよねぇ・・。


内容は文句なしです。

ただ、もらい泣きするほどの感動とまではいかなかったような。

楽曲の良さはほんとにいいなと思いましたが・・・。



【個人評価】 ☆☆☆☆☆  (5つ、、か4.5くらいかな・・・)








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大脱走 製作50周年記念版コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]/スティーブ・マックィーン,ジェームズ・ガーナー,チャールズ・ブロンソン
¥5,980
Amazon.co.jp

【ストーリー】
第二次大戦下、脱走不可能といわれていたドイツのスタラグ・ルフト北捕虜収容所から、連合軍将兵250人が集団脱走を計画、実行した! この信じられないような史実を『荒野の七人』の巨匠ジョン・スタージェスが豪華オールスター・キャストを配して映画化。収容所の中で3本のトンネルを掘りながら、脱走後の身分証明書、衣類等を調達する捕虜たち。脱走の意思を秘め、壁に向かってキャッチボールを繰り返すマックィーン。有名なエルマー・バーンスタインの『大脱走のマーチ』の音楽がさらに作品を盛り上げる。



いやあ、面白かったです。

これは昔から何回も観てますね。

テレビでもよくやってましたしね。


脱走・脱獄ものって、観ていてわくわくするんですよね。


50年前の映画ですが、今回ブルーレイ化にあたって、画像がかなり良くなっており、まったく古さを感じさせません。


マックィーンのバイクのシーンは何度見てもかっこいいなと。

脱走するまでも面白いのですが、脱走後の逃走劇も見どころです。


今回のセットで、解説書がついていたのですが、これがなかなかいいですね。


群馬大学泌尿器科 '元'医会長野村昌史のブログ

実際の史実との差など、いろいろな解説が書かれており、興味深かったです。

中でもマックィーンが逃走に使用したバイクがイギリス製だったのは驚きました。

(劇中では、ドイツ軍のバイクを奪って逃走しています)


名作は何度見てもいいですね。



【個人評価】 ☆☆☆☆☆  (5つ)  パチパチぱちぱち






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。