群馬大学泌尿器科 '元'医会長のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

先日、後輩にホームシアターのことで質問を受けたこともあり、新規導入に関していろいろ考えてみました。


まずホームシアターっていうと敷居が高そうですが、実際はやり方次第でいろいろあるので、映画が好きな人なら、ちょっと検討してもらいたいですねにこ

都会でのマンション派の人だと大変かもしれませんが、ここ群馬などのように田舎であれば、一戸建てを、なんて人も比較的います。家を建てるときにホームシアターを検討するのを勧めます(配線や防音の点でやりやすいです)。



まず、とっかかりは、好きな映画を、より良い映像と、より良い音で楽しむためにどうしたらいいかということです。


~より良い映像で~

まず映像についてですが、これについては、

①大画面で楽しみたい!

②きれいな映像を見たい!


あたりですかねー。

まず①大画面・・ についてですが、これについてはシステムを決める大きな決定が必要です。

大型テレビ vs スクリーン ですね。


ここは大きな違いなのでよく検討する必要があります。


まず両者の違いですが・・・

大型テレビ

[長所]

  ・手軽、リビングでの視聴にむいている

  ・部屋が暗くなくても視聴可能

  ・ファミリーで楽しむのに向いている

[短所]

  ・そこまで大きくない(大きくても65インチくらいでしょうか)


スクリーン

[長所]

  ・とにかく大画面(部屋によりますが、80-150インチ位が設置可能です)

  ・暗い部屋で観るので没頭できる(3Dも迫力あります)

[短所]

  ・部屋をちゃんと暗くしないとダメ

  ・プロジェクターが必要

  ・専用室の方がよい(リビングだと、機器設置や遮光、防音がやや大変)


最近はリビングシアターが流行りなので、大型テレビとフロント完結型のシステム(2.1ch)あたりもいいかもしれません。

ただ、より深く映画を楽しむのならやはりスクリーンでの視聴をお勧めします。



余談ですが、液晶テレビでは今最大で80インチまで出てます。

シャープのAQUOS クアトロン 3D LC-80GL7

http://www.sharp.co.jp/aquos/lineup/gl7/

がありますね。

価格.comの平均価格で75万円程度ですから、かなり高額なテレビですよねー。

普段使いの80インチはかなり大きすぎる気もしますので、実際にテレビで映画も楽しむのなら60-65インチくらいがいいところでしょうか。。


さて、スクリーンですが、

一般的にメジャーなメーカーが「キクチ」と「オーエス」ですかね。

キクチ:http://www.kikuchi-screen.co.jp/index.html

オーエス:http://jp.os-worldwide.com/products/


それぞれ100インチで、電動式の代表的なモデルが、、


キクチ:ホワイトマットアドバンス・キュア[SE_100HDWA/W] open price

(価格.comの平均価格で15-6万円くらいですね) 

オーエス:ピュアマットⅡ EX [SEP-100HM-MRW2] 215,250円(定価;税込)


もちろんプロジェクターがないと、映像は観られませんが、大型テレビも60インチ以上となると結構高額になるので、プロジェクター+スクリーンでも値段的にはそんなに変わらないかむしろ安くなるくらいかなと思います。


ちなみに、特殊なスクリーンで「サウンドスクリーン」というのがあります。

音響透過型スクリーンで、スクリーンの後ろにスピーカーを設置することができます。

映画館はこのシステムですね。

同じ大きさ部屋でも、より大きなスクリーンが置けるのと、画面から音が出ますのでより迫力があります。

ちょっと値段が高くなってしまいますけどね。


なんだか長くなってしまいました・・


②きれいな映像を観たい!はプロジェクターについてですが、これに関してはまたそのうちに・・・・かお


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「ジョーズ」観ました。。
JAWS コレクターズ・エディション(デジタルコピー付)(初回生産限定) [Blu-ray]/ロイ・シャイダー,ロバート・ショウ,リチャード・ドレイファス
¥5,040
Amazon.co.jp

【解説】
スティーブン・スピルバーグの名を一躍世に知らしめた海洋パニックサスペンスをBD化。獰猛な鮫と人間の戦いをダイナミックな演出で描く。


1975年公開ですね。

これまでテレビなんかでも何度も放送していて、映画あまり見ない人でも知ってますよね。

音楽も有名で、効果音としてもよく使われてますしね。


さて、怖い映画がだめというのは前にも書きましたが、「ジョーズ」も怖い映画ということで実はちゃんと観たことないんですよね。

小学生のころとかは、テレビでやってるとすぐチャンネル変えました泣


最近は過去の名作も、きちっとレストアされた状態でブルーレイ化されることが多いので、ありがたいことです。


今回改めてちゃんと観てみましたが、さすがに35年以上前の映画ですから、サメも若干張りぼてっぽさが否めませんね。でも、怖さをあおる工夫が随所にあって、きちっと怖い映画に仕上がっているのはさすがです。

単なるパニックムービーというだけではなく、登場人物の描き方も丁寧ですし、ストーリー性もあり、なるほど、いい映画ですね。



【個人評価】  ☆☆☆★★  (3つ)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

映画「1900年」です。


1900年 Blu-ray (2枚組)/ロバート・デ・ニーロ,ジェラール・ドパルデュー,ドミニク・サンダ
¥8,190
Amazon.co.jp

【ストーリー】
豪華スタッフ&キャストで20世紀イタリア史を描いたドラマ。1900年の夏、同じ日に生まれた身分違いのふたりの男。彼らは幼馴染みとして育ち、友情を深めていく。だが農民と地主の間で対立が激化し始め、ふたりの関係にも確執が生まれ始める。


いやー、なかなかの大作です。

上映時間は全部で5時間16分あります。

ブルーレイで2枚組ですね。

長いんですが、飽きることなく観ることができました。


ロバート・デニーロが若い若い。

今でこそ渋い演技派の役者さんのイメージですが、なかなかの色男ぶりですにひひ


最近の映画のような展開の早さこそありませんが、ゆったりと抒情的に流れる時間に引き込まれます。



【個人評価】 ☆☆☆★★  (3.5くらいかな・・)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。