群馬大学泌尿器科 '元'医会長野村昌史のブログ

群馬大学泌尿器科では明日の泌尿器科医を募集中です
医療に限らず、好きな映画の話もありの気ままなブログ


テーマ:

ちょっと遅くなりましたが、12/2(木)にロイヤルホテルで「群馬腎細胞癌学術講演会」がありました。

今回はトーリセル®(mTOR阻害薬)についてでした。

症例提示は群大松井先生による「長期間トーリセル®を継続できた1例」

特別講演は千葉県立がんセンター泌尿器科部長植田健先生による「進行性腎癌におけるトーリセル®の臨床使用経験」でした。

千葉県立がんセンターは多くの臨床試験に参加しており、豊富なご経験に基づくお話を聞くことができました。


群馬大学泌尿器科 医会長野村昌史のブログ-トーリセル


腎細胞癌の治療はここ数年で様変わりしています。


通常の癌の治療では①手術、②化学療法(抗癌剤)、③放射線治療といったところが中心ですが、これまで腎細胞癌に対しては②、③はあまり効果がなく、インターフェロン療法などが追加治療として行われていましたがその治療成績は決して満足のいくものではありませんでした。


そこで分子標的薬の登場です。


ネクサバール、スーテント、アフィニトールときて4剤目ですね。


mTOR阻害薬としてはアフィニトールに続いて2剤目ですが。。

点滴製剤とう特徴もあり、今後各薬剤の使い分けが難しくなりそうです。


まだまだ新薬も治験中のようですし、しばらく腎細胞癌治療は泌尿器科癌領域の中でも中心的な話題となりそうですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。