□アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎□ | *楽しまないと*

*楽しまないと*

毎日楽しくするのも自分次第! 好奇心のおもむくままマイペースにどこまでも…


テーマ:

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)/伊坂 幸太郎

¥680
Amazon.co.jp

内容(「BOOK」データベースより)
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。

初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。

彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、

なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!

注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊坂作品は違う場面とか違う時間とかで動いている話を同時進行させるのが

多いのかな!?

その辺が彼の魅力かも♪


そっか、彼はあの彼だったのか~とつながる。

さらっとしていて実は彼と元彼の深い愛情のお話。


伊坂作品は他の作品の登場人物が違う小説に出てくるって聞いてたけど

私も初めて気づいた!

「陽気なギャング・・・」の人2人ほど発見ヽ(゚◇゚ )ノ

ちょっとテンション↑↑↑


おもしろかったです。


コレも映画化されてます↓

濱田岳/瑛太/アヒルと鴨のコインロッカー/DSL-10005

gumioさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス