おはようございます。隊長です。

昨晩、あまり使っていない自宅パソコンをWindows10にアップグレードしてみました。

私は予約しなかったのですがマイクロソフトのサイトから普通にダウンロードできました。
「予約」っていったい何だったの?って感じです。
(これは、私の所属するNPOの方から教えていただきました。)

ここで、
アップデートとアップグレードの違いですが、
アップデートは、英語がさす通り、「更新」になりますね。
なので、不具合の修正やセキュリティ対策プログラムを新しく製品に適用して最新化するという意味です。
アップグレードのほうは、今回のWindows10のように製品自体を1つ上のランクのものに変更したりエディション(より高機能なバージョンの製品)を変更したりすることを言います。

ややこしいですが、ここは大事です。
通常は、アップグレードだと有償になる場合が多いのですが、今回はマイクロソフトさんの太っ腹ということでしょうか。

今回のアップグレードはすごく良くできていて、ユーザー情報や導入したアプリもすべて継承してくれるので、再設定や再導入の必要がなくかなり簡単です。

アップグレードには2時間程度かかりましたが、ほとんどストレスなくできました。
これにはマイクロソフトさんに感服です。

少しWindows10を使ってみての感想ですが、「起動が早くなる」という事前の話とは裏腹にあまり体感的には変わりませんでした。(むしろ遅くなった気がしますが)

製品が変わると画面の見た目がガラッと変わりますね。
Windows8を使っていた方はあまり感じないかもしれませんが、Window7をメインに使っていた私にはかなりの違和感です。

但し基本的な使い方が同じなのはすごく助かりますね。
あまり戸惑うことなく操作することができてなんだか逆におもしろくなかったり。
(これはこれで、戸惑うようなら文句言っちゃったりするんですがね)

まだ、メインのPCには導入していませんが、少し様子を見ようと思ってます。
生徒さんからもよく10にアップグレードしたほうがいいのかと、質問を頂きますが、1年間はアップグレードの猶予があるので、まだ様子を見てもらっています。

ま、今のところ最後のWindowsということなので、いずれは無償のうちにアップグレードするんだとは思いますが。

さあ、これからどうなるんでしょう。