シェアハウス選びのポイント!自分が暮らすのに必要な広さを考えよう | シェアハウス・ゲストハウス大阪のブログ

シェアハウス・ゲストハウス大阪のブログ

創業1991年関西、大阪の老舗シェアハウスです。
大阪府下5店舗で展開しており、
アパートやマンションやホテルでもない、
今までにないライフスタイルをお楽しみ下さい。


テーマ:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

創業1991年関西、大阪の老舗シェアハウスです

大阪府下に5店舗を展開しており、 アパートやマンションやホテルでもない

今までにないライフスタイルをお楽しみいただけます

全ハウスインターネット・家具・家電を完備

礼金や保証人も不要、門限もありません

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

シェアハウス選びのポイント!自分が暮らすのに必要な広さを考えよう

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

自分が暮らすために、どれくらいの広さが必要か考えてみたことはありますか。大人数で暮らすシェアハウスは、自分が専有できるスペースが限られています。家賃や立地ばかりに目が行き、いざ入居してみたら私物が多くゆっくり眠るスペースが確保できなかった、なんてことにならないように、自分が暮らすために必要な部屋の広さをシュミレーションしてみましょう。

シェアハウスには最低限の家具や家電が揃っているので、ベッドやタンスなどを持ち込む必要がありません。必要最低限の身の回りのものを用意してみましょう。一人で一部屋を利用できればその荷物は自由に収めることが出来ますが、数人で一部屋をシェアする場合、ベッドとロッカーが完全なプライベートスペース、あとは広さに応じて同室の人とルールを決めて使用することになります。

持ち込むものが多い場合、ベッドにまで自分の持ち物が及ぶようになると、満足な睡眠が取れず「落ち着けない家」になってしまいます。生活必需品が少なくとも、仕事や学業に使用するものが多いという方はそれなりの広さが必要になります。自分が落ち着いて暮らせる広さってどれくらいなんだろう?そんな視点からシェアハウス選びをしてみると、大人数でもゆったりと暮らすことができます。

大阪でシェアハウスをお探しなら

ゲストハウス大阪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります