共同部屋型のシェアハウスならベッド選びは慎重に | シェアハウス・ゲストハウス大阪のブログ

シェアハウス・ゲストハウス大阪のブログ

創業1991年関西、大阪の老舗シェアハウスです。
大阪府下5店舗で展開しており、
アパートやマンションやホテルでもない、
今までにないライフスタイルをお楽しみ下さい。


テーマ:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

創業1991年関西、大阪の老舗シェアハウスです

大阪府下に5店舗を展開しており、 アパートやマンションやホテルでもない

今までにないライフスタイルをお楽しみいただけます

全ハウスインターネット・家具・家電を完備

礼金や保証人も不要、門限もありません

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

共同部屋型のシェアハウスならベッド選びは慎重に

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

シェアハウスといっても色々なタイプがありますが、ドミトリータイプ、いわゆる共同部屋(数人の人と一部屋に住む)というものもあります。ドミトリータイプは一つの部屋で眠るためベッドが複数置かれているのですが、その際に気を付けたいことが、どの場所にあるベッドを自分のものとして確保するかです。生活の全てにかかわってくる睡眠はしっかり取っておかないと健康にも影響があります。では、シェアハウスではどんなベッドを選んでいけばいいのでしょうか。

シェアハウスの人間それぞれライフスタイルは異なります。例え、みんなが同じように社会人で働いていたとしても、準備時間だって出勤時間だって異なるわけです。そうなると、寝起きする時間も異なり、できるだけ快眠できるようなベッドの位置をキープするのが重要となります。そのポイントとして、ドアから遠い場所、適温が保たれる場所を選びましょう。

この理由はなぜか、ベッドがドアから近いと、音に敏感な方は余計にその音で寝たくても寝られなくなります。冷房や暖房が効き過ぎている所だと寒すぎたり暑すぎたりで寝たくても寝れません。ですので、ドミトリータイプのシェアハウスで暮らす場合には、ストレスレスに心地よい毎日を過ごすためにもベッドの位置は非常に重要なので、こんなポイントを留意しましょう。

大阪でシェアハウスをお探しなら

ゲストハウス大阪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります