シェアハウスの共益費は一般賃貸に比べて高い?安い? | シェアハウス・ゲストハウス大阪のブログ

シェアハウス・ゲストハウス大阪のブログ

創業1991年関西、大阪の老舗シェアハウスです。
大阪府下5店舗で展開しており、
アパートやマンションやホテルでもない、
今までにないライフスタイルをお楽しみ下さい。


テーマ:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

創業1991年関西、大阪の老舗シェアハウスです

大阪府下に5店舗を展開しており、 アパートやマンションやホテルでもない

今までにないライフスタイルをお楽しみいただけます

全ハウスインターネット・家具・家電を完備

礼金や保証人も不要、門限もありません

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

シェアハウスの共益費は
一般賃貸に比べて高い?安い?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

住居費を少しでも安く抑えるためにシェアハウスを候補に入れているのに、どうして共益費が一般賃貸に比べて高いのか納得できない方もいるでしょう。しかしシェアハウスと一般賃貸では共益費に含まれる内容が違います。一般賃貸の共益費には一部の共有スペースの掃除と蛍光灯などの消耗品にかかる費用しか含まれていません。これに対しシェアハウスでは共有スペースの清掃費用、光熱費、水道代、消耗品、インターネット代などが含まれます。総合的に見ると生活にかかる費用の多くが共益費におさまっているシェアハウスの方が生活費を抑えることができます。

支払いの面から見てもシェアハウスの共益費には一般賃貸に比べて利点があります。面倒な公共料金の支払いを一本化し、管理会社に任せることができます。入居と退去時に必要になるガス、水道、電気の開始と停止にかかる手続きも不要になります。事業者に連絡して立会いの日取りを決めるなどの面倒から開放されるのは助かりますよね。また、トイレットペーパーなど、かさばる消耗品を定期的に購入する必要もなくなります。

共益費でまかなえる清掃の内容に差があることも見逃せません。一般賃貸では階段や廊下、駐車場くらいしか清掃してもらえませんが、シェアハウスではこれらに加えて玄関、キッチン、トイレ、リビングなど屋内の共有スペースまで対象になります。入居者は自身の個室さえ清掃すれば済むわけですから、これは楽です。このようにシェアハウスの共益費が高いのは、日々の生活にかかる負担の多くを肩代わりしてくれるからです。光熱費に無頓着な生活をしがちな方や初めて親元を離れる方であれば、生活費を抑えるためにシェアハウスを選ぶのは理にかなった選択と言えます。

 

大阪でシェアハウスをお探しなら

ゲストハウス大阪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります