こんまりメソッドのお片づけでは、

手放すモノに「ありがとうございました」と

感謝をして手放します。

 

 

友人と片づけレッスンをした時に、

わたしが「ありがとうございました」と言うと

 

 

 

え?なんで???

と言いたげな友人の顔。

 

 

 

 

「モノにはそれぞれお役目があるから、

お役目に感謝して手放すんだよ」

と言うと

 

 

「でもこれほとんど着てないから役になってないけど・・・」

と友人。

 

 

 

 

さて、ほとんど着なかった服は何の役にもたっていないのでしょうか。

 

 

 

わたしは捨てるものであっても、

私のもとにやってきたものは全て役に立っていると思っています。

 

 

 

 

例えば、、、

 

 

店員さんに勧められてなんとなく買ってみたもの

やっぱり似合わない気がする、としまい込んでしまった服。

 

 

「こういう服は似合わないと教える」というお役目に感謝して、ありがとうございました。

 

店員さんに勧められても、自分が気に入ってるかちゃんと確認して、

そんなに気にいってないなら買わないようにしよう。

と勉強にもなります。

 

 

 

値段が安くなっているから、

雑誌で見て素敵だと思ったから、

ブランドの服を着てみたかったから、

ストレス発散のため、、、

 

 

その服を買いたいと思った理由は人それぞれ。

 

 

 

ただ、どんな理由であれ、

その時に「買いたい!」と思ったから買ったはずで、

少なくとも買う瞬間はときめかせてくれたのです。

 

 

 

 

「買う瞬間にときめかせてくれてありがとう」

 

 

 

 

 

手放すときには、

「こんなのもういらない!!」

と不用品扱いするのではなく、

 

 

ぜひ、今まで自分の元にいてくれたモノのお役目を考えて

感謝して手放してみてください。

 

 

もちろんそれがすべてではないのですが、

片づけをして幸せになる人と特に幸せを感じない人の分かれ道って

こんな些細なマインドの違いのような気がします。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です↓

(ブログやってない方もどなたでも押していただけます)

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(マンション)へ
にほんブログ村

いつも押してくださる皆様ありがとうございます♡