冬用サイクリングウェアの選び方 パート1 | Guell 草津店のROAD BIKE(ロードバイク)、MINIVERO(ミニベロ)、CROSS BIKE(クロスバイク)、BMX、PIST(ピスト)専門店

Guell 草津店のROAD BIKE(ロードバイク)、MINIVERO(ミニベロ)、CROSS BIKE(クロスバイク)、BMX、PIST(ピスト)専門店

草津のGUELL BICYCLE STORE。ROAD BIKE(Cinelli,GIOS等),minivelo-ミニベロ(BRUNO等),CROSS BIKE-クロスバイクBIANCHI,FUJI,GIOS等),BMX-ARESBYKES,MOTELWORKS,SUBROSA等),PIST-ピスト(FUJI等)の入荷案内など。

いつもGUELL 草津店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

先週の雨からまた一段と寒くなりましたね。

いよいよ本格的な冬装備でのライドが必要になってきます。

11/14日曜日は草津のサイクリングイベントです。

ご参加される方、スタッフの方々は暖かい格好でご参加くださいませ。

 

 

 

今回から冬用ウェアについて詳しく解説していこうと思います。

長くなるので何回かのブログに分けたいと思います。

 

 

先に結論から申します。

 

冬用ウェアはレイヤード(重ね着)で対応します!

くれぐれもヒートテックの超極暖や、ダウンジャケットだけで暖を取るような恰好はしないでください!

 

レイヤードは3種、インナーウェア、ミドルウェア、アウターウェアです。

 

ではなぜ分けるのか?

それぞれに必要な機能を持たせているからです!

 

インナーウェアの機能は、人間から出る汗を素早く吸湿、給水し、外へ追い出すことです。

運動をした後にTシャツがベッショリで、汗冷えした経験が一度はあるのではないでしょうか。

 

ミドルウェアの機能は、人間から出る熱を蓄える保温効果です。

起毛した素材は暖かい空気をストックし、外気との温度差を緩和します。

フリースや毛布がこの役目を担っています。

 

アウターウェアの機能は、防雨、防風です。

体が直接濡れるのを防いだり、冷たい外気が衣類の中に侵入するのを防ぎます。

 

それぞれのウェアの機能を理解し、温度や天候により使い分けましょう!

 

 

スタッフ坂口のおすすめのレイヤードは

インナーウェア→化繊のメッシュ

ミドルウェア→裏起毛のついたジャージ、ウールを使用したジャージ

アウターウェア→ウインドブレーカー、ゴアテックス

です。

 

次回以降のブログではもっと詳しくご説明させていただきます。

ウェアの向き不向きもございますので、どうぞお楽しみに!!

 

 

 

 
 
 
 

グエルバイシクルストア草津店 LINE オフィシャルアカウントに友達追加登録していただくとお得な情報をゲットできます!

👇👇👇👇👇👇👇👇

 

GUELL BICYCLE STORE 草津店

 滋賀県草津市草津町1537-23 104号

 TEL/FAX  077-575-2339

 営業時間  10:00 ~ 19:00

 定休日:毎週水曜日

 

GUELL BICYCLE STORE 奈良本店

 TEL/FAX  0742-81-8400

 営業時間 11:00 ~ 20:00

 定休日:毎週水曜日

 

GUELL BICYCLE STORE 大和高田店

 TEL/FAX 0745-44-3221

 営業時間 11:00 ~ 20:00

 定休日:毎週水曜日

 

 

お問い合わせメールフォーム

info@guell-bicycle.jp

 

http://guell.shop-pro.jp/