ズーマー リムラインテープ貼って見た | Guckieさんの30年ぶりでマン振り再開&ズーマーいじりブログ

Guckieさんの30年ぶりでマン振り再開&ズーマーいじりブログ

ほぼ30年間全く握らなかったゴルフクラブをひょんなことから握ることになりましたぁ。
ゴルフほぼ初心者・マン振り命のGuckieさんの成長するかな?ブログです。と思ったら、途中からズーマーがぁぁぁ


テーマ:

ズーマー購入時から貼ってみたいと思っていたリムラインテープ


前輪ホイール片側のリム部分に錆が出ていたため、タイヤ交換時にでもホイール替えてから貼るかなと我慢していたが、やっぱり、貼っちまった・・・





おまじない程度に、錆の部分を真鍮のワイヤブラシでこすり、テープがくっつくようにミッチャクロンを綿棒で塗りつけてみた。

(前回クランクケース塗装では、ミッチャクロン大活躍だったので、困ったときのミッチャクロン頼みなのだw)


で、貼り付けたのは、このテープ。



幅が何ミリかなど詳細不明のまま、適当に選んだのだが、幅は8mmさらに反射タイプだった。

ちょっと見、ズーマーの黄色とはイメージが違うが、まぁ大丈夫だろう。


リムステッカーは、結構綺麗に貼るのが難しいというBLOG記事を目にする。

で、秘密兵器を用意!



amazonで147円


中身はこれ!




ところが、この貼り付けゲージ、4mm幅、6mm幅にしか対応してない・・・・

買ったリムラインテープは8mmだったので使えない。

ダメもとで、6mmの穴をカッターで広げ8mmにw 上の写真は8mmに広げた後です。

つか、これなら、昔ガンプラやってたころの余ったプラ板で作れるやん・・・(言っちゃだめ?w)


で、使い方は




貼ってる最中は必死で写真取ってる場合じゃなかったので、テープの台紙と、洗面器(爆 で、再現www


私の場合は、リムテープを台紙から全部はがし、水にどぶ漬けしてから貼りました。

ちなみにホイールは車体から外さず、そのままの状態で貼りつけ。


テープをゲージの間を通し、ゲージをリムの内側に軽く押し付けて、テープを押さえながら、ゲージを下のほうに移動するだけで、よれずに綺麗に貼れます。

センタースタンドを立てていると、後輪は自由に回るので、ベースを押さえて後輪を回す幹事で貼ると、1/4分割テープ1枚あたりほんの2~3秒でササット貼れました!


水をつけているので、最初は接着されませんが、乾いたタオルで抑えながら水抜きをしてやると密着します。


錆びていたところにも、何とか密着!さすがミッチャクロン!!w

念のため、4分割のテープの端は、はがれ防止のため透明な万能ボンドで押さえて作業完了。







後輪はタイヤが回ったので綺麗に貼れましたが、前輪側はちょっとよれているところも・・・・

まぁ、遠目にはわからんのでよしとしよう。


フラッシュ炊いて撮ったら、反射して余計リムテープが目立ってしまった。


う~ん、やはりイメージは相当変わって、ぼやけていた車体の下のほうが( ー`дー´)キリッと締まった感じで、なかなか良かったかな。

8mm幅も存在感があって、ズーマーの太いタイヤには合っている感じでした。




Guckieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ