お金と心を動かす会話術

テーマ:


こんにちはこんばんは、ぐちおですウシシ


今回も、最近読んだ本の紹介です!!




「お金と心を動かす会話術」 浅川智仁 著


主に営業マン向けに書かれているものではありますが、人の心を動かすという点においては、誰にでも役に立つ1冊だと思います。


ビジネスにおいてお金を動かすということは、人の心を動かすということ。
これは綺麗事ではなく、会話の工夫ひとつで結果を180度変えることができる。


損失回避バイアス」→得ることの喜びより、失うことの恐怖の方が2倍になること

認知的不協和」→人が自分の中で矛盾する2つの新しい事実を突きつけられたときの違和感

アイスブレイク」→打ち解けること

ラポール」→心的融和状態


など、心理学を利用した会話術はとても興味深かったです。


「営業」とは何か?というシンプルな問いを再提起し、自己紹介からクロージングまでのステップを非常にわかりやすく提示しています。


勝負どころでのキラーワードがとても秀逸な印象です。


また、1ページあたりの分量が比較的少なめで、重要な部分は字の大きさを変えたり、色をつけたりしているため、読みやすくなっています。


営業のお仕事をされている方、これから営業系のお仕事に就く方、必見ですグッ


ではバイバイ


サクッと

テーマ:


こんばんは、ぐちおです真顔


GUCHIOです真顔


……


これはボツかな(笑)


初めての、1日2つ目の投稿です!!


まあ、なんてことはないですが(笑)


先日のこと



平田牧場にて、彼女とランチナイフとフォーク


金華豚のロースカツ定食をいただきました!!


月並みな言葉で失礼します、


とてもおいしかった爆笑


王道の王道をゆくとんかつ、ペロリと完食ですウシシ


特にこれといったおもしろエピソードはありませんが、


強いて言うならば、


彼女がすりゴマの使い方を知らず、すったゴマをそのままとんかつにふりかけようとしたことですかね笑い泣き


もしかしたら、意外とおいしいかもはてなマーク


そんな感じで、


とんかつだけに、サクッと2つ目の投稿終わりウシシ


ではバイバイ

やっと

テーマ:


こんにちはこんばんは、ぐちおです滝汗


先日、アルバイトを卒業致しました。


大学3年生から約2年間、働かせていただいたスーパーなのですが、とても思い入れのあるアルバイト先でしたので、


これに関しては、後日また別の記事で、長々と語ろうかなと思います(笑)


今月の29日から、新社会人としての研修が始まるわけですが、それまでの間、わずかですが、


やっと、


何もない日を過ごせるわけですぶー


普通ならこういうときに、旅行行ったり遊んだりするとは思いますが、


僕なりの時間の使い方として、


1日1冊ペースで本を読み、毎日ブログを更新しようと思っています!!


そんなわけで、本日も読み終えた本の紹介です!!!!




「キャッチコピーの極意」 弓削徹 著


人の心を揺さぶるような言葉、頭から離れなくなる文章のリズム・構造、人間の深層心理を巧みに利用する術などを、様々なキャッチコピーを例に挙げながら説明しています。


「セブンイレブン、いい気分」
「インテル、入ってる」
「世界は誰かの仕事でできている」


これらのキャッチコピー、どこかで聞いたこと、ありますよねはてなマーク


このような、人々の頭に残るようなキャッチコピーはすべて、明確なロジックのもとに構成されています。


勉強になった点として、人は偶数よりも奇数の方が印象に残りやすいという調査結果があるそうで、僕自身も初めて知りました。
街中を歩いているときに広告を見かけたら、意識して見てみます。


広告のキャッチコピーは、人々の頭に残すだけでなく、そこから商品やサービスの購入という消費行動を起こさせる必要がある。


なので、単にシャレを利かせた上手い文章ではなく、商品やサービスの「ウリ」を、短い文章の中に凝縮させなければならない。


当たり前のことで、実はそれが難しい。


人の心を動かし、かつ、次の行動を起こさせるための言葉を紡ぐことの難しさと楽しさを、同時に感じることができました!!


春から銀行員なわけですが、もちろんこの知識を生かせると思っています。


しかし、


より一層、人の心を動かす「言葉」を扱うお仕事をしてみたい、という願望を、


憧れで終わらせることなく、


必ず形にしたい、という思いが強くなりました!!


がんばるぞメラメラ


気がついたら

テーマ:


こんにちはこんばんは、ぐちおです笑い泣き


気がついたら、食べ物のブログになってますね笑い泣き


久しぶりに、今回は読書記録を本




「天才を殺す凡人」 北野唯我 著


世の中の人を「創造性」に長ける天才、「再現性」に長ける秀才、「共感性」に長ける凡人の3者に分類し、とある会社を舞台にしたストーリー形式を用いて議論を展開しています。


この3者は、ともすれば互いの良さを殺してしまうという側面を持っている。
例えば、0から1を作り出す天才は凡人に理解されたいと思っているが、凡人は得体の知れないものに対して嫌悪感を抱いてしまうがために、その共感性の強さで天才の創造を殺してしまう、など。


経営はアート・サイエンス・クラフトから成り立っているが、売上や利益など、具体的な数字を示すことができるサイエンスは説明がしやすく、アートはその価値を説明することが難しい。
このように、経営の三要素は、それぞれ説明能力に差があるということを認識しなければならない、という部分が非常に印象に残りました。


先ほども触れましたが、凡人の共感性は、ときに恐ろしい存在になってしまう。
天才の創造を根拠なしに嫌ってしまい、遠ざけてしまう。いわゆる多数決の原理で、クリエイティブな発想を潰し得ることもあるが、その新たな価値が世の中に認知された途端に、手のひらを返すように支持することもある。
安易に他者に迎合せず、自分自身の確たる意思をしっかり持とうと思いました。


「人生は、配られたカードで勝負するしかない。」という本書の言葉が、心に残りました。
ぐちおの座右の銘候補です(笑)


読んでいただき、ありがとうございますニコニコ


読み終わった本がまだまだたくさんありますので、これからコツコツと更新していこうと思っておりますグッ


ではパー


おつかれさま会

テーマ:


こんにちはこんばんは、ぐちおです真顔


ちょっと期間が空いてしまったえーん


実家から仙台へ戻ってから、アルバイトをこなしつつ、読書、漫画、ゲームなど、趣味に時間を費やしていました。


最近、今更ながら「約束のネバーランド」にハマってまして爆笑
ハラハラドキドキしつつ、頭を使いながら読む系の、僕の好きなジャンルの漫画でしたので、もうドツボですね滝汗


まあ、そんな話はどうでもいいよってことで、


先日、お付き合いしている彼女が、約4年間にわたるアルバイトを終えまして、


おつかれさま会ということで、良い焼肉屋さんに連れて行きました焼肉


場所は仙台市内にある、





1枚目が看板メニューである「塩上カルビ」、
2枚目が「ハラミ」のタレですラブ


カルビの方は4枚頼んだのですが、早とちりして写真撮る前にお互いに1枚ずつ食べちゃいました(笑)




泰山には、その日特別に入ってきた牛の希少部位がありまして、
今回はいくつかある中でランプを頼みました!!


他のメニューと比較すると少々お高めなのですが、これは本当にオススメです!!


柔らかいのに、お肉を食べてるんだ!っていう感覚がしっかり残ってると言えば、伝わり、、、ませんよね滝汗


何が言いたいって、とてもおいしかったです!!
生きててよかったって思いました笑い泣き





サイドメニューの、
「海老とうずらの大葉あげ」
「テグタンクッパ」
こちらもしっかりおいしいです笑い泣き


写真はないのですが、サラダやキムチ、タン塩などもいただきました。




こちらはデザートのクリームブリュレなのですが、これがまた絶品でして。
ここよりおいしいクリームブリュレは、今のところ食べたことないですびっくり


いいえ、僕が知らないだけですね(笑)


泰山に行ったのは今回が3度目なのですが、行くたびに、お店のスタッフさんの接客やサービスがすばらしいなって思います。


以前までこのお店で働いていた友人がいるのですが、聞いたところによると、かなり厳しい教育を受けていたようで。。。


やはり、丁寧な接客があってのお食事。こういうお店のスタッフさんは接客や知識など、叩き込まれているんだなと感じます。


もちろん他の良い焼肉屋さんも行ったことはあるのですが、居心地の良さは僕の中では泰山がNo. 1ですね!!


僕も、もっともっとがんばろうグー


素敵な空間で、おいしいお肉を食べながら好きな人とゆっくりお話して、


とても充実した時間を過ごせました!!


読んでいただき、ありがとうございますニコニコ


ではパー