小さな家の小さな庭に
今年も様々な蝶々が
ひらひらやってくる季節と
なりました。


光沢のあるラインが
とてもきれいな
『アオスジアゲハ』

手入れのできない
ぼうぼうの芝の上で
動き回るから、
たいていピンぼけ~( 〃▽〃)


まあ、いいか~(^ー^)

こちらは
ジャスミンがお気に入り。
花は終わってからも
この辺でよく見かけます。


ちなみに
蝶々を呼ぶために
幼虫のえさとなる植物を
大事に育ててるジャンクママ。

と、言っても
ツマグロヒョウモンのための
すみれは自然繁殖のもの。


こぼれ種であちこち
勝手に増えすぎるので、
引っこ抜いては
プランターにまとめています。


ビオラやパンジーも
餌になるので、
見頃を過ぎても
できるだけ庭に残すようにしてます。
このツマグロヒョウモンの幼虫は、
黒とオレンジのトゲトゲで
ビックリするほど毒々しいけど、
毒は全くないので、
私は素手で触れます(笑)


ダーリンどん引き( ̄ー ̄)



揚羽蝶の餌だった
とうとう再生不可能なまでに
食べ尽くされたので、
補うために
去年からパセリを植えてます。

パセリの芽が出たとこ。


たくさん幼虫がいると、
これっぽっちの餌では
全然足りません。

市販のパセリは
残留農薬が完全に抜けるまでは
幼虫に与えることはできないから、
やはり
自家栽培がいちばん安心。

だから空いてるプランターを
フル活用して、
たくさん
たくさん植えています。


細長花だんにも。


ここにも。


でもたぶん
足りないだろうなあ。

また
種まきしなくては!






AD