ちょび☆でび

旧『働くぐ~たら主婦とアレルギーっ子&はぁととらぶるっ子の毎日』です。

かわいいけれど、時に(かなり?)小憎たらしくもある、愛する我が子
「小悪魔ちゃん」=「ちょびでび」たち。働くぐ~たら主婦と我が家のちょび☆でび達を
暖かく見守ってくださいませ☆


テーマ:

北海道に住む叔母が、今月還暦を迎えることになりました。


実母の姉にあたるのですが、叔母自身も仕事や病気、

お姑さんの事など、大変な事がいっぱいなのに

私達の事をいつも気遣ってくれます。


北海道の美味しいものも毎月のように送ってくれます。


いつも笑顔で朗らかで、愛情に満ち溢れた素敵な叔母です。



還暦という節目なので、何か贈り物をしたいと考えていました。


いろいろ探してみつけたのが



名前の詩



というものです。



その人の名前を使って詩を作ってくれるんです。


そして、イラストも一緒に描いてくれるんですが、


「福来る」


って事で


「ふくろう」


の絵を描いてくれます。

(他にも干支なども描いてくれます)


叔母は、ふくろうが好きで、ふくろうの雑貨などを集めているので

これはぴったりだと思いました。


少々お値段は張りますが、ずっとお世話になっている叔母に

贈りたいと思いました。


お店に叔母のイメージを伝えて、詩を作ってもらって。


ふくろうは、大きいふくろう3羽、小さいふくろうを3羽描いてもらうようお願いしました。


大きい3羽は、叔母と実母と私。


小さい3羽は、shunとyunとshow。


遠く離れているけど、気持ちは叔母の傍に・・・という思いを込めました。



詩は紹介すると、叔母の実名がわかってしまうので、紹介できませんが、

素敵な詩を作ってもらいました。


物のイメージは、こんな感じです。

(寸法表示が邪魔ですが、ご容赦を。)


下のイメージをクリックしてもらうと、


「毛利達男の名前の詩の贈り物」のサイトにとびます。






叔母の誕生日に届くようにお願いをしました。


自分の名前が使われている詩って、気づいてくれるかな?


叔母に多くの「福」が来る事を願っています。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私の一番身近な血縁の人は、もちろん

実母。

なので、実母のについて書いてみようかと。

実母は、実は虫を飼ってるんです。


それも、そこそこ強力な。


いったいどんな虫よ?!ってお思いでしょう。



その虫、いろいろ母に教えてくれるんです。

先にある出来事を遠まわしに。






















な~んて、ほんとに虫を飼ってるわけではないんです。


一般的に言う虫の知らせってやつです。



でも、本当に強力なんです。

母の身近な人に何かある時に、発動されるようなのですが。



実母から聞いたところによると、
私がまだ保育園に通っていた頃の話。


ある夜、実母自身が車で事故を起こして救急車で
運ばれる夢を見たそうです。

その2週間後、保育園へ私を迎えに行こうと
原付を走らせていたら、車と衝突。

数メーター飛ばされたらしいのですが、
かすり傷で済んでしまい、
とにかく保育園に行かなくちゃ、ということばかり
考えていた母は、その事故の相手の車に乗せてもらい
保育園へ。

結構すごい音がしたみたいで、近所の人が
救急車や警察を呼んでくれたのだけど、
事故の当事者がいない

騒ぎになっている中、保育園から戻った当事者たち。

母は警察に「現場を離れちゃだめじゃないですかっ」と
怒られたらしい。




私が小学生の頃だったかなぁ。
お休みの日、父親が出かけようとしていると母親が

「昨日事故る夢みたから気をつけてね。」

と忠告して送り出した。

その夢というのが、

父親が『ひき逃げしてしまって、今警察に追われてる』と
言って、家に逃げ帰ってくるという内容だったらしい。

夕方、父親が帰ってくると

「原付、柱にぶつけた・・・」


相手が柱で良かったよ。


母が見る夢は、実際よりもかなりオーバーな出来事になる
らしいです。



あと、人が死ぬ夢を見ると、どこか身近で誰かが
亡くなったりするんです。


母が見た夢は、誰だかわからないんだけど、
ある人が亡くなって、その死体をとても雑に扱っている
というもの。

その夢が気になって、母の妹に電話をかけてみると、
実は、妹の旦那さんのお母さんが亡くなって
旦那さんの兄弟のだれかが、なんだかんだと文句を
言ってるということで。

妙に当たっているのが恐ろしい。


最近では、yunが産まれるとき。


母は、「出産前だと気にするといけないから」と
後から話してくれたのですが、
yunが産まれる前から、なんだか気になって
しょうがなかったと。

だから、家に「産まれるからすぐ来てください。」と
病院から電話があったとき、「何かあったんじゃないか」と
すごく心配になったんだって。

その心配は、きっとyunの心臓病につながっていたのかも
しれないなぁ、と思う。

この能力(?)は、母の兄姉にもあるようで、
親交の深い母の姉は、出産前に母に
「くっき~、大丈夫?何か気になってさぁ。」
と電話してきた。



そして、最近さらに恐ろしいのは、
母が夢ではなく、

実際に見えるように
なってきている
こと。


この前も、

「昨日、家でテレビ見てたら、玄関からす~っと
 黒い影が入ってきて、
 す~っと消えたのよ。
 全然怖くないんだけどさぁ。




って、十分怖いっす~


他にも

「いつも同じ道でさ、
 人が立ってるような
 姿が見えてたんだよね。

 もういないんだけどさ。」



って、おかあちゃん、何者ですかっ?!



幸い、yunの事は、悪い虫のしらせさんは
ないようで、「大丈夫よ~」と明るく
言ってのけてくれますが。


こんな母の娘である私には

なぁ~んもない


悲しいような、幸せなような。


こういう現象は、母の心理状態や体調なんかに
左右されるのか、ぱたっとなくなったりした
時期もあったらしいけど、最近はまた復活して
きたらしい。


母が持ってる虫くんの言うことは
聞いておいたほうが無難なようです。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。