ファミ通に「レイトン教授VS逆転裁判」記事・日野晃博氏と稲船敬二氏のインタビュー掲載 | 逆転裁判シリーズファンのほそぼそブログ

ファミ通に「レイトン教授VS逆転裁判」記事・日野晃博氏と稲船敬二氏のインタビュー掲載

全4ページ。内容は以下の通り。

■ゲーム紹介

2ページ。内容はほぼ既出で、キャライラスト、コンセプトアートの紹介です。
ただし、新キャラ(プロモ登場の魔女と呼ばれている少女)の全身イラストが掲載されています。これは初披露ですね。
なお、ファミ通ですと、ゲーム紹介の最初にハードやメーカーなんかが小さい表で紹介されるのですが、その中で制作スタッフは全く明らかにされていません。「開発 レベルファイブ/カプコン」とあるだけ。メーカー欄はレベルファイブです。

$逆転裁判攻略サイト管理人のほそぼそブログ-はみつう

■スペシャルインタビュー レベルファイブ/日野晃博氏、カプコン/稲船敬二氏

2ページ。忌憚のない対談といいますか、かなりのぶっちゃけ話といいますか‥‥w
このインタビューを読むと、今のカプコンにおける逆転シリーズの立ち位置がそこはかとなくわかるなー‥‥と、いう。

・逆転裁判の良い所と悪い所を研究し、日野氏なりに良い所をのばして悪い所を克服したのが「レイトン教授」。

・カプコンの辻本社長が「レイトン教授」が何故売れているか稲船氏に尋ね、なんと日野氏を直接カプコンに呼び出して話をした。それがきっかけとなり、後日、日野氏から「レイトン教授VS逆転裁判」を提案してきた。稲船氏は「巧舟氏が立っている逆転裁判は社内でも扱いの難しいゲームだから」と断るつもりでレベルファイブのある福岡に行ったが丸め込まれた。

・稲船氏「カプコンとしても、逆転裁判5を作りたいですからね(笑)」
 巧氏を頑張らせなければならないという意味で、コラボは良い効果になると稲船氏は考えている。

・ゲームは、巧氏がシナリオプロットを書いて、それを元に日野氏がPVの構成を作っていく流れ。レイトン、逆転裁判の各開発主要メンバーが参加している。

・発売時期は稲船氏曰く「ニンテンドー3DSとしてのいい時期」。ファミ通が「ハードの発売1年以内?」と尋ねると、稲船氏「うーん、まあまあ(笑)。いい時期に出したいですね」


*ちなみにニンテンドー3DSの発売日は2011年2月26日予定

週刊ファミ通 2010年11月4日号
セブンネットショッピング
発売年月日 2010年10月21日
販売価格 390円