SPEED SKATING LADIES' 1.000m

テーマ:

小平「銀」、高木美「銅」…スケート1000

2018年02月14日 20時15分 読売新聞

 

平昌五輪第6日の14日、スピードスケート女子1000メートルが行われ、世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が1分13秒82で2位。
 高木美帆(日体大助手)が1分13秒98の3位で、冬季五輪の個人種目では史上初めて、日本女子選手が同時に表彰台に立つことになった。1500メートル2位だった高木美は、冬季五輪の日本女子で初めて同一大会で複数のメダルを獲得した。
 優勝は、ヨリン・テルモルス(オランダ)で1分13秒56の五輪新記録。小平を0秒26上回った。
 郷亜里砂(イヨテツク)は13位だった。

スピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒(14日、韓国・江陵で)=武藤要撮影

 

 

スピードスケート女子1000メートルを滑り終え歓声に応える高木美帆選手(14日、韓国・江陵で)=竹田津敦史撮影
 

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとください。
 


人気ブログランキング

AD