完全新規設計!「MODEROID シンカリオンN700Aのぞみ」進化ポイント解説! | メカモノブログ

こんにちは田中ヒロ(@gsc_hiro)です。

 

 

皆様お待たせしましたっ! 

待望の「シンカリオン N700Aのぞみ」が
ついに発売となりました!!

 

今回は、製品素組みレビューとともに、

新たな進化を遂げた製品仕様について解説してまいります。

 

 

 

■素組み状態(シールなし)

4成形色と塗装済みパーツで色分けされています。

 

 

■素組み(シール貼り状態)

組み立ててシールを貼るだけで、劇中イメージの仕上りに!

 

エアロダブルスマッシュ、マクラギヌンチャクが付属。

 

そして・・・

 

アドバンスドモードの迫力!

メカ好きの心をわしづかみにする魅惑の背面・・・・

ロボとしての魅力にあふれた「シンカリオン N700Aのぞみ」ですが、

製品としても、新たな魅力にあふれています!

 

 

■MODEROIDシンカリオン さらなる進化 ――――――

 

MODEROIDシンカリオンN700Aのぞみ は

100%新規金型!

 

 

MODEROIDシンカリオンシリーズは、

前作の「E3つばさ」の時点でバージョンアップがされていますが、

「N700Aのぞみ」はこれまでの6アイテムのフィードバックを取り込んで、設計をゼロベースからやり直し、関節パーツも含めすべての金型を新規で作り起こしています。

 

 

連月で発売したE5、E6、E7に対して、N700A発売まで期間が空いていたのは、そのためだったのです。

 

 

 

 

■進化ポイント ――――――

「組み立てやすく」「動かしやすく」それでいて「これまでのシリーズとも違和感なく」がMODEROIDシンカリオン N700Aのぞみの進化ポイント。

 

 

構造面

パーツ構成そのものはE5はやぶさから大きく変わっていないのですが、取り付け構造が変わっており、パーツが取り付けやすく且つ外れにくくなっています。

 

足首はE3つばさから採用しているボールジョイント構造。

 

 

素材面

耐摩耗性の高いPOM素材のランナー

これまで、ヒザと股間のみに使用してきたPOM素材をヒジと肩関節にも採用。

関節可動がよりスムーズになり、且つへたりにくくなっています。

 

 

股間パーツは2種の素材

股間パーツは、POM製とABS製2種パーツが用意されています。

好みで使い分けることができます。

・POM×POM →保持力と耐久性が高い、動きがきつめ

・POM×ABS →保持力がやや低い、動きがなめらか

 

 

 

ランナーパーツ配置

これまでのシリーズよりパーツ数の多いN700Aのぞみですが、

アドバンスドパーツ(青囲み)をはじめ、ある程度部位ごとにランナーにまとめられているので、これまでのシリーズよりもパーツを探しやすくなっています。

 

 

 

シール

全体のボリュームに対して、シールの量はこれまでとあまり変わりません。

シールのカットラインが変わり、貼る手間が少なくなっています。

またシールの材質についても、E3つばさ以降質感がアップしています。

 

 

これらの進化ポイントについては、組み立てていく中で、

「これまでとなんか違う!」と実感していただけるかと思います。

 

 

 

■組み立てのと遊び方のポイント

ここからは、組み立てのポイントをご紹介します。

 

--------------------------------

組立て説明内には

・赤のカット注意

・緑の▲

2色のマークがあります。

--------------------------------

 

赤の[カット注意]マーク

 

 

緑の▲マーク

緑▲部分はパーツの裏側の残りもきれいに切り取ります。

 

 

 

■アドバンスドモード組み換えのポイント

ここからは、遊び方のポイントを説明します。

アドバンスドアームの取り付けは、背中側を見ながら車輪を凹溝に添わせるように取り付けると取り付け位置が分かりやすいです。

 

 

アドバンスドモード組み換え部の加工

アドバンスモードの強度を保つため、組み替え部分もややきつめに設計されています。

組み換えを手軽に楽しみたい方の為、

取り付け強度をあまり弱めずに、組み換えをスムーズにできる改造ポイントをご紹介します。

 

【※加工時の注意】

加工は取り付け具合を試しつつ、少しずつ行ってください。一気に加工すると強度が落ちたり、取り付けられなくなったりする場合があります。

 

アドバンスドモード組み換え部の加工①

パーツF18、F19の接続軸の外周を少し削ります。

※軸の外周を少しずつ削りながら…取り付けを試しながら…の繰り返しでの加工をおススメします。

 

 

アドバンスドモード組み換え部の加工②

つま先の取り換えがきつい場合は、接続ピンの先端を少しだけ削ります。

こちらも、少し削って⇒試しての繰り返しで。切りすぎは禁物です。

 

 

 

■ディスプレイスタンド(別売り)を使ったポージング

別売りの「THEシンプルスタンド」goodsmile.info/ja/product/8832/

を使えば、劇中のダイナミックなポージングディスプレイも再現できます。

スタンドは3体分入っているので、他の機体と合わせてのディスプレイも可能です。

 

 

ドラゴンナックル!!

 

 

「MODEROIDシンカリオン N700Aのぞみ」

発売中! 4,700円(税込) 

新しくなったMODEROIDシンカリオンをお楽しみください!

 

 

次回は、モデラー フクダカズヤ氏による塗装作例と塗装方法をご紹介します!

 

田中ヒロ(@gsc_hiro)

 

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS 

 

 

 

公開中!

劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』

 

 

■過去記事

衝撃!アドバンスドモード!MODEROIDシンカリオンN700Aのぞみの魅力に迫る[1/2]

マクラギヌンチャク! MODEROID シンカリオンN700Aのぞみの魅力に迫る![2/2]

 

 

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS