六つの誓いが今 ―― MODEROID ゴッドマーズ【その2 六神ロボ編】 | メカモノブログ ―メカ玩具開発者が転職したら美少女フィギュアに囲まれてる件ー

テーマ:

"ガイヤ ――― ッ!"

 

みなさまこんにちは、田中ヒロ(@gsc_hiro)です。

4月5日より予約開始予定の「MODEROID 六神合体ゴッドマーズ」

前回に続き、本日は"六神ロボ"についてご紹介します!

 

「MODEROID ゴッドマーズ」は、

パーツ差し替えでゴッドマーズ⇔各ロボの両形態を楽しむことができる仕様。

ゴッドマーズ状態だけでなく、各ロボ状態でも、その独特なカッコよさとアクションを再現しています。

 

 

■ガイヤー

主人公 明神タケル(マーズ)が搭乗するメインロボ。

タケルの呼び掛けにより明神礁の石像から現れ、タケルの超能力を増幅して戦う。

その体内には地球を破壊することができる反陽子爆弾組み込まれている。

 

わずか8cmのボディに仕込まれた可動ポイント。

成形色は赤、白、クリアパーツ3色を使用。フェイス部は塗装済み。

 

劇中の印象的なポージングも再現 !

 

 

そして、ガイヤーの危機に世界各所から飛来する"五神ロボ" ―――

 

ウラヌス / タイタン

北極の氷山から出現するウラヌス、 インド洋海底の石像から出現するタイタン

ゴッドマーズの両腕を構成。

 

シン / ラー

アンコール遺跡から出現するシン、 イースター島石像から出現するラー

それぞれ、ゴッドマーズの両足を構成。

ちなみにラーの黄色部分は全て別パーツで色分けされています。

 

スフィンクス

エジプトの石像から出現するスフィンクス。

ゴッドマーズの胴体となり、6体の中でも最大ボリューム。

5神ロボも、フェイス部(目)は塗装済み仕様です。

 

各ロボの可動ポイント

ガイヤーよりは可動箇所が少なく、ヒジヒザは可動しません。

五神ロボと言えば、立ち姿と飛行ポーズが印象的。そのポーズに特化した構成となっています。

 

 

六つの誓いが今、ひとつの勇気になる ―――

 

明日も更新予定 !

次回は、改めて「合体」のプロセスを解説。

そして気になる価格についてもお知らせします!

 

田中ヒロ(twitter : @gsc_hiro)


(C)光プロダクション・TMS

 

 

■関連リンク


近日予約開始! MODEROID 六神合体ゴッドマーズ【その1】

 

 

 

 

グッスマ メカモノブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス